2008年10月01日

むらむらしてやった

54 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/11(金) 23:57:08 ID:SzOPa2NZ
アイルランド人の男、ユダヤ人の男、ギリシャ人の男が死んで
天国と地獄の入り口の前で今後どちらに行くのか審判を受けていたが
死にたくないと懇願する彼らに審議人がこう彼らに告げた。
「これから言う約束を守ることができたら現世に戻してやろう。
アイルランド人の男よ、お前は戻ったら一滴のアルコールも口に含んではならない。
ユダヤ人の男よ、お前は路上に落ちている金の一銭たりとも拾ってはならない。
ギリシャ人の男よ、お前は一切の男色をしてはならない。
これを約束できればお前達を現世に戻そう。ただし約束を破ればその時はわかっているな。」

59 :54続:2008/07/12(土) 03:41:12 ID:hgCjeCPS
そして彼らは嬉々として三者とも
「必ず約束を守ります!」と誓い地上に戻った。

60 :54続:2008/07/12(土) 04:01:33 ID:hgCjeCPS
さて地上に戻ったアイルランド人、ユダヤ人、ギリシャ人の男たち。

61 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/12(土) 04:23:38 ID:hgCjeCPS
地上に戻った先はアイルランドだった。
アイルランド人の男はパブを見かけると
「ああ冷たいペールを飲みたい」と言っていたが
「約束したろう」と
他の二人に牽制され懸命に我慢したが
3軒目に目に入ったパブで溜まらずユダヤ人とギリシャ人の制止も聞かずに
「ぺールを一杯くれ」と
一口飲んだ途端にアイルランドの男は跡形もなく消えてしまった。
残されたのはユダヤ人とギリシャ人の男だった。

62 :終わり:2008/07/12(土) 04:29:35 ID:hgCjeCPS
ユダヤ人の男はギリシャ人の男に言った。
「あの馬鹿は約束を違えたからこんな目にあったのだ。
俺たちだけは真っ当にふじこ」
と二人で歩き始めたが、なんとそこには1ペニーが落ちていた。
ユダヤ人の男ががペニーを拾おうとかがんだその瞬間、ギリシャ人も消えた。
posted by t3ttt at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

イオナズン覚えて出直して来い

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 00:17:05
ある日、賢いA君とバカなB君が面接試験を受けることになった。

B「面接なんて、どうしたらいいか分からないよ」
A「じゃあ、僕が最初に入るから、こっそり見てそれを真似すればいいよ」
B「分かった」

Aはそう言って面接室へ入っていった。

A「失礼します」
面接官「ああ、座りたまえ」
A「いいえ、大丈夫です」
面接官「いいから、座りたまえ」
A「いいえ、いいえ」
面接官「いいから」
A「はい」
Aはそう言って腰を下ろした
面接官「君はサッカーの王と言えば誰だと思う?」
A「昔はペレと言われていましたが、今はマラドーナです」
面接官「君は宇宙には宇宙人がいると思うかい?」
A「そういう人も多くいますが、まだ科学的には解明されていません」
面接官「なるほど。はい、では終わりです」

続いてBが面接室へと入っていった。

面接官「君、戸が開けっ放しじゃないか、閉めたまえ」
B「いいえ、大丈夫です」
面接官「いいから、閉めたまえ」
B「いいえ、いいえ」
面接官「閉めなさい!」
B「はい」
面接官「君のお父さんの名前は何だね?」
B「昔はペレと言われていましたが、今はマラドーナです」
面接官「君は馬鹿かい?」
B「そういう人も多くいますが、まだ科学的には解明されていません」
posted by t3ttt at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

天国に一番近いめし

ある日、男が帰宅してみると妻がぽろぽろ涙をこぼしている。
驚いた男は彼女に尋ねた。

「一体どうしたっていうんだい?」
「あなた!」

妻は泣きながら言った。

「本当に酷いことが起こったのよ!
 私、あなたのために美味しいローストビーフを作っていたの。
 途中、オーブンから出した時にちょうど電話が鳴ったから、
 それに出た後、戻って来てみたら」

妻はここでまた、しゃくりあげた。

「猫がお肉を食べてしまっていたの!」
「大丈夫。大丈夫だよ、きみ」

夫が言った。

「もう泣かないで。明日の朝、新しい猫を買ってきてあげるから…」
posted by t3ttt at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

二つの物事。両者。双方。

ある男が道を歩いていると、片手に袋を提げたビルと出くわした。
「やあ、ビル。その袋の中には何が入ってるんだい?」
「鶏だよ」
「なあ、もしその中に何羽入ってるか当てられたら、1羽貰えないかな?」
「ああ、いいとも。もし当てられたら両方ともあげるよ」
「オーケー。うーん、5羽かな?」
posted by t3ttt at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

自白

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/28(土) 13:15:29.73 ID:wxWeB2Y10
先生「夏休みの宿題を出してもらったんだが…このバカバカしい作文を書いたのは誰だ!」

生徒「先生、僕のお父さんのことを悪く言わないでください!」
posted by t3ttt at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そいつはざんねんだったな

「昨日は列車で帰宅したんだが、気分が悪くなって散々だったよ」
「気分が?どうして?」
「進行方向と逆向きの席に何時間も座ってたんだ」
「向かいの人に事情を話して代わってもらえば良かったのに」
「それが残念なことに向かいの席に客は居なかったんだよ」
posted by t3ttt at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

とてもとても悲しいこと

ある男が、落ち込んだ様子で飲んでいる友人を見つけた。
彼の隣に腰掛けながら、男は言った。
「ずいぶんと悲しそうじゃないか。何かあったのかい?」
「…6月に遺産が転がり込んできたって言えばわかるかな。3万ドルだった」
「…どなたを?」
「母さんだよ」
男はまずい話題を振ってしまったとばかりに顔を背けた。
「大変だったな」
「7月には…」
友人が続けた。
「5万ドル。…父さんだった」
「えっ!2ヶ月の間にご両親を二人とも!?…なるほど、きみが落胆するのも無理はないな」
「そして先月。今度は叔母が1万ドルを遺してあの世へ行っちまった」
「3ヶ月で3人もの近親者を失ったって言うのかい!?ああ、もはやきみの悲しみを想像することすらできないよ」
「そして今月」
友人は心底悲しそうにため息をついて言った。

「いまだに誰も死んでないんだ」
posted by t3ttt at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

愛情たっぷりの味

29 :愛のVIP戦士:2007/02/18(日) 16:37:08.95 ID:pKlADFrx0
ある所に息子夫婦と舅(しゅうと)が三人で住んでいた。
一年前に他界した姑女(しゅうとめ)は、とても温和で上品な人、嫁にも優しい人であった。
が、舅の方はそれと反対に、頑固で少々意地の悪いところがあった。
かいがいしく世話をする嫁の行動に、いちいち文句をつけるのだ。
中でも味噌汁については

舅:「婆さんとは全然味が違う、なっとらん!本当に覚えが悪い嫁だ!」

と毎日嫁を怒鳴りつける始末。
ある日、とうとう頭に来た嫁は舅に出す味噌汁の椀に、こっそりと殺虫剤を振りかけた。
その味噌汁を一口すすった舅が一言。

舅:「これじゃよ!この味じゃよ!!婆さんの味噌汁は!!」
posted by t3ttt at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

さあ選べ

受話器を耳からはずした妻が、夫にこう尋ねた。
「あなた、あたしのお母さんからなんだけど代わる?それとも皿洗いする?」
posted by t3ttt at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東から西へ

スターリンが起床し、バルコニーから空を見上げた時、朝日はこう歌った。
「同志スターリン。希望の星よ。世界中があなたを讃えます」
スターリンは大変満足してその日の執務に取りかかった。

夕暮れになり、バルコニーに出たスターリンに、夕日はこう歌った。
「ボケ老人のスターリン!とっとと地獄へ落ちやがれ!」
スターリンは驚いてこう尋ねた。
「太陽よ。今朝と言っていることが全然違うではないか」
夕日は答えた。
「クソジジイが!俺はもう西側にいるんだよ!」
posted by t3ttt at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妻や子供たちのためにも

アイゼンハワーとスターリンが、どちらのボディガードの方が命令に忠実であるかを競うことになった。

アイゼンハワーは自らのボディーガードに命じた。
「今すぐにあの崖から飛び降りろ」
ボディーガードは命令に従おうと崖のふちに立ったが、ここから落ちればとても助かるとは思えない。
「で…できません」
ボディガードは言った。
「私は故郷に妻や子供たちを残してきているのです」

続いて薄笑いを浮かべたスターリンが、自らのボディガードに命じた。
「今すぐにあの崖から飛び降りろ」
ボディーガードは何のためらいもなく崖から飛び降りた。
そして、奇跡的に岸壁の中腹に生えていた木に引っかかり、命を失わずに済んだ。
助かったボディガードにアイゼンハワーはなぜ命令を拒否しなかったのかと尋ねた。
「拒否なんてするわけがないでしょう」
ボディガードは答えた。
「私は故郷に妻や子供たちを残してきていますからね」
posted by t3ttt at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鶏対策

あるご夫人が、隣人に大変腹を立てていた。
というのも、その隣人が放し飼いにしている30羽もの鶏たちが、
毎日ご夫人の庭に入り込んでは手塩にかけて世話している菜園を荒らしまわっていたのである。
その上、再三の抗議にも関わらず、隣人は一向に対策を講じてはくれなかった。

1ヶ月後。
ご夫人の友人が菜園を訪れると、野菜や果物は鶏に食い荒らされることもなく大きく育っている。
「まあ。どうやってお隣の鶏を撃退したの?」
「簡単だったわ」
ご夫人は穏やかに微笑みながら言った。
「前もって菜園に卵を隠しておいたの。
 そうして、お隣がこちらを見ている時を狙ってその卵を集めてみせたってわけ。
 それ以来、うちに鶏が来ることはなくなったわ」
posted by t3ttt at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

効果覿面

「我が社の新聞に出された広告の効果はいかがでしたかな」
「いや見事なものです。警備員の急募を告知したら、翌日には早速泥棒にやられましたよ」
posted by t3ttt at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

根本的な問題

「ジェーン、僕は君を誰よりも愛しているし、浮気だって絶対にしない。
 こんなに大切にしているのに、どうして君は怒っているんだい?」
「私はメアリーよ」
posted by t3ttt at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

病原

ジョンがバイアグラを求めて薬局にやってきた。
薬剤師が尋ねた。
「処方箋はお持ちですか?」
「いえ、でも妻の写真がここにあります」
posted by t3ttt at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飾られちゃあたまらない

キャンパスと絵の具を持った男が路上に座っている。
手書きの看板には
「似顔絵書きます 1枚10ドル
(もしお気に召さなかった場合は5ドル差し上げます)」
と書いてあった。
さっそく男が1人、絵描きの前に座った。
「たいそうな自信だね。それじゃ1枚お願いしようか」
「へい」
早速、絵描きは描き始めるが、お世辞にも慣れた手つきとはいえない。
(なにを自惚れてこんな看板を出しているんだか。
 適当に難癖付けて5ドルいただいちまおう)
男はそう考えていた。
「ところで、君の周りには客から突き返された絵が1枚もないようだが、どうしてだい」
絵描きは筆や絵の具と格闘しながら答えた。
「へい。描きあげた絵は、みんなお買い上げいただいたもんで」
(ふむ。きっとこの絵描きは、物を売りつけるための口上が得意なんだな。
 そんなものにのせられるとは、馬鹿な客達だ)

それから30分後、手つきのわりには無難な出来栄えの絵が完成した。
だがおかしなことに、胸の部分にはありもしないナイフが突き刺さったように描かれている。
ここぞとばかりに難癖を付けようとした男は、
しかし片隅に書かれた文章に気付き、思いとどまった。

「胸にナイフは、マフィアにとってお尋ね者の印」

絵描きはにやっと笑って言った。
「お買い上げいただけますかい?」
男は黙って10ドルを支払った。
posted by t3ttt at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

真に受ける方が悪い

毎日遊んでばかりだった若者が、長年の不摂生から早死にしてしまった。
そうして辿り着いたあの世の入り口で、門番が言った。
「お前は生前、何一つ善行を行わなかった。しかし、さして悪いこともしなかった。
 そこで、天国に行くか地獄に行くか、自分で決めても良いこととする」
すると突然、若者の前に巨大なスクリーンが現れ、
「ようこそ天国へ」の文字とともに天国の様子が映し出された。
地平線のかなたまで広がる花畑、そこに住む人々は皆背中に白い羽をつけ、
退屈そうにアクビをしながら竪琴をかきならしている。
「ゲーセンとかバーとかカジノなんかはないんですか?」
若者が尋ねると門番は、
「そんなものあるわけがないだろう。さてお次は地獄だ」
地獄では住民たちが乱痴気騒ぎの真っ最中。
酒を瓶ごとあおり、複数の男女があられもない姿で抱き合っている光景がうつしだされた。
若者は迷わず言った。
「地獄に行きます!」

地獄の門が開いた途端、恐ろしい悪魔たちがわらわらと現れ、
若者をひっつかみ、ぐらぐらと煮えたぎる大鍋に突っこんだ。
「おい!あの映像は嘘だったのか!」
若者が叫ぶと、悪魔たちは大笑いしながら言った。
「ありゃCMだよ!」
posted by t3ttt at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

パラシュートとゴムの違い


パラシュートとゴムの違いを述べよ


パラシュートが破れると人間は死ぬが、ゴムなら生まれる
posted by t3ttt at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

補填用

ある地方紙より。
「昨日未明、ハリケーンによりジョセフ・スタイン氏所有の家屋が全壊し、夫妻は三人の子供を失った。
 スタイン氏の隣人らは相談の末、再起を願って同氏にベッドを送った」
posted by t3ttt at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

神の尊さを知れ

ある男が大の方をしようとトイレに入った。
用を足した後、ふと気が付くと紙がない。
途方に暮れて前方を見やると、壁にこんな落書きがあった。
「神に見放されし者よ、自らの手で運気をつかめ」
posted by t3ttt at 00:36| Comment(3) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

恋とインストール

恋とインストールは似ている。

・インストールはトラブルが多い作業である
・ほかのソフトとの相性が悪かったらインストールに失敗する
・環境によってはインストールできない
・インストールするにはユーザーに不利な許諾に同意しなければならない
・最後の数パーセントが妙に遅い
・インストール前にはすべてのアプリケーションを終了させなければならない
・その後、再起動させられることも多い
・インストールするまでソフトの内容がわからない
・インストールすると重くなり、態度がでかくなる
・アンインストールするのも大変である
・アンインストール後も完全には消えず、何かが残ることがある
posted by t3ttt at 00:12| Comment(1) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

次とか言うなよ

急用で親友の結婚式に出席できなかった女が言った。
「次は絶対に行くから!」
posted by t3ttt at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

保護色

「あるところに何もかもが真っ赤に塗られた町があった。
 そこへ取材に訪れていた記者が道を歩いていると、
 通りがかった車に轢かれてしまった。
 運転手は記者の存在にまったく気付かなかったという。
 さあ、どうしてだと思う?」
「…夜だったから?」
「朝日の記者だったからだよ」
posted by t3ttt at 00:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

先生!露骨過ぎます!

とある学校にて。
先生「メアリー、お昼休みは何をしていましたか?」
メアリー「はーい先生、わたしは犬や猫と遊びました」
先生「じゃあ『犬』を表すdogって書いてごらんなさい。
   ちゃんと書けたらクッキーをあげましょう」
メアリーは正しくdogと書けたのでクッキーをもらいました。
先生「タロウ、お昼休みは何をしていましたか?」
タロウ「はーい先生、ぼくもメアリーと一緒に犬や猫と遊びました」
先生「じゃあ『猫』を表すcatって書いてごらんなさい。
   ちゃんと書けたらクッキーをあげましょう」
タロウも正しくcatと書けたのでクッキーをもらいました。
先生「キム、お昼休みは何をしていましたか?」
キム「先生!ウリ、メアリーやタロウと一緒に遊ぼうとしたのに、
   2人は「コリアンなんか嫌いだ、キムチ臭い」と言って、
   仲間に入れてくれないニダ。ファッビョーーーン!」

先生「まあ!それは露骨な人種差別だわ。じゃあキム、
   『露骨な人種差別』を表すblatant racial discriminationって黒板に書きなさい。
   ちゃんと書けたらクッキーをあげましょう」
posted by t3ttt at 00:22| Comment(4) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

こじらせないように気をつけて

A「ゲホッゲホッ」
B「風邪ひいてるの?」
A「うん。もう治りかけだから熱はないけどね」
B「じゃあうちの両親と一緒だね」
A「え、二人ともなのかい?大変だね」

B「大変だよ。熱はないくせに籍だけはあるんだから」
posted by t3ttt at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

カウンター

あるバーにて、老婆が娼婦に説教をしていた。
「私は20年かけて息子を一人前の立派な男に育てあげたわ。
 あなたはどうなの?
 誰かに胸を張って言えるような何かを、成し遂げたことがあるのかしら?」
娼婦は答えて言った。
「いいえ、残念だけど何もないわ。
 けれどついさっき、誰かさんが20年かけて育てた立派な男性を、
 私は20分でバカに変えてきたわ」
posted by t3ttt at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

諸事情により

ある所に4人の仲の良い男たちがいた。
彼らの間では毎週日曜の朝7時からゴルフをするというのが決まりになっていた。
しかし、残念なことに1人が仕事の都合で遠くへ転勤になってしまった。
残された者たち3人でいつものようにゴルフを楽しんだあと、
誰を代わりに入れるかクラブハウスで話していた。
すると、そこへ1人の女がやって来て言った。
女「私もゴルフしたいんですけど、もし良かったら今度、仲間に混ぜてもらえないかしら?」
男たちは翌週一緒にコースを回り、相応のスコアを出すことを条件に、それを承諾した。
女「じゃ、来週の日曜6:30か6:45に来ますね」
そして翌週、女は6:30きっかりに現れた。
彼女は7アンダーという驚異的なコースレコードを残し、
男たちは是非とも来週から仲間に加わって欲しいと伝えた。
女「もちろんですとも。じゃ次も6:30か6:45に来ますね」
そして翌週、再び女は6:30きっかりに現れた。
彼女は前回とは逆の左手打ちでコースを回り、先週と同じ7アンダーというスコアを残した。
その後、クラブハウスでビールを飲みながら4人で話をしていた時である。
男の一人が女に尋ねた。
男「右手で打つか左手で打つかどうやって決めてるんだい?」
女「ああそれはね、来る前に裸で寝てる夫の布団をひっぺがして、
  彼のブツが右を向いていれば右手打ち、左を向いていれば左手打ちにしているの」
男「じゃ、もしブツがおっ勃ってたらどうするんだい?」

女「6:45に来ることになるわ」
posted by t3ttt at 00:14| Comment(1) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

その行き方はちょっと…

ドライバー「すみません、墓地へ行くにはこの道でいいんでしょうか?」
通行人「道は間違ってるけど…なーに、思いっきりスピードを出せば、墓地なんてすぐに行けますよ」
posted by t3ttt at 00:18| Comment(1) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

泥の助け船

エレベーターにて。

ある男の前に美しい女が立っていた。
と、突然彼女のお尻から、生暖かい風と「ぷう」という音が。
やがてエレベーター内に充満し始める悪臭。
女は一瞬うつむいたが、すぐに何かに思い当たったらしく男に視線を向けた。
その顔は、何か言いたげである。
男はそれに気付き、思った。

(…!なるほど、そうか!女性だからな、恥ずかしいんだ!おならをしてしまったのが、恥ずかしいんだな!)

心得たとばかりに、男は優しい調子で一言、周りにも聞こえるような声でこう言った。

「大丈夫、臭くなんてないですよ」
posted by t3ttt at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小便はすませたか?

あるところに、とても仲のいい老夫婦がいた。
そんな二人のもとにある日、新聞記者がやってきた。
記者に仲違いをしないための秘訣を尋ねられ、おじいさんが答えた。
「新婚旅行でな、ラクダに乗って砂漠を散歩していたんじゃ。
 すると突然、妻の乗ったラクダが躓いたんじゃ。
 妻は小さな声で『一つ』と言った。
 しばらく歩くとまたラクダか躓いた。
 妻は今度は『二つ』と言ったんじゃ。
 三度目にラクダが躓いたとき、妻は『三つ』と言うと、
 ポケットから素早く銃を取り出し、ラクダを射殺してしもうた。
 見かねたわしはラクダの扱いについて妻に文句を言おうとしたんじゃ。
 すると妻はわしを見てこう言った」

『一つ』
posted by t3ttt at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。