2005年11月07日

諸事情により

ある所に4人の仲の良い男たちがいた。
彼らの間では毎週日曜の朝7時からゴルフをするというのが決まりになっていた。
しかし、残念なことに1人が仕事の都合で遠くへ転勤になってしまった。
残された者たち3人でいつものようにゴルフを楽しんだあと、
誰を代わりに入れるかクラブハウスで話していた。
すると、そこへ1人の女がやって来て言った。
女「私もゴルフしたいんですけど、もし良かったら今度、仲間に混ぜてもらえないかしら?」
男たちは翌週一緒にコースを回り、相応のスコアを出すことを条件に、それを承諾した。
女「じゃ、来週の日曜6:30か6:45に来ますね」
そして翌週、女は6:30きっかりに現れた。
彼女は7アンダーという驚異的なコースレコードを残し、
男たちは是非とも来週から仲間に加わって欲しいと伝えた。
女「もちろんですとも。じゃ次も6:30か6:45に来ますね」
そして翌週、再び女は6:30きっかりに現れた。
彼女は前回とは逆の左手打ちでコースを回り、先週と同じ7アンダーというスコアを残した。
その後、クラブハウスでビールを飲みながら4人で話をしていた時である。
男の一人が女に尋ねた。
男「右手で打つか左手で打つかどうやって決めてるんだい?」
女「ああそれはね、来る前に裸で寝てる夫の布団をひっぺがして、
  彼のブツが右を向いていれば右手打ち、左を向いていれば左手打ちにしているの」
男「じゃ、もしブツがおっ勃ってたらどうするんだい?」

女「6:45に来ることになるわ」
posted by t3ttt at 00:14| Comment(1) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テラアルバトロスw
Posted by at 2005年11月07日 01:16

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。