2007年07月28日

ゲイ的中二病

22 名前:陽気な名無しさん[] 投稿日:2007/07/21(土) 22:15:39 ID:hklf34uR
妖気って素敵!ジャンプ漫画みたい。

「どうする、こんなところでシャツのボタンがちぎれるなんて…!」
「ク…ここまでか…ッ」崩れおちる仲間達。
「フフフ…」アタシの身からおしとやか成分が噴出。「お、お前!?」
(以上先週まで)

「お、お前!?」
「こんな姿は見せたくなかった…でも仕方ないわね」
おもむろにキティのソーイングセットを取り出すアタシ。
「なんで男のお前がそんなものを?まさか…」
「お黙り!今は説明してる場合じゃなくてよ!!さあ、シャツをお出しなさい!」
チクチクチク…。キュッ。

「これでいいわ、さ、お行きなさい」
「助かった…アポに遅刻したら一貫の終りだったぜ」

「さあ行こうぜ!!」
静かに首を振るアタシ。
「なぜだ、今まで一緒に頑張ってきたんじゃないか!?」
「馬鹿ね…オカマとノンケは交わらない定め、正体がバレた以上、アタシはアナタ達とは行けなくてよ」
「だが、だがしかし…!」
「ツベコベ言わずさっさと行きなさい!!これで遅刻したら全てが無意味だわ!口で言って分からないならアナルにぶちこむわよ!!」
長く伸びた髪が風を巻き起こし、桃色の妖気が周囲を染める。

「わ、わかった、だが必ず迎えに来るからな!後で必ず!」
シャツを着て走り去るノンケ達。
「フフ…本当に馬鹿なんだから…」
見送るアタシの目に光る涙。
ノンケはまだ気付かない。ボタンと一緒に袖口に縫い付けた「LOVE」の刺繍に。
posted by t3ttt at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。