2007年06月30日

それなんて追い討ち?

772 :名無し職人:2006/08/28(月) 02:49:18
数年前の話だが……
俺はとある海岸で失恋した女友達の悩みを聞いていた。



彼女「忘れようと思っても、忘れられないの……」
 俺「……」
彼女「だからもう私、どうしたらいいか……」
 俺「(突然彼女のネックレスを取って走り出す)」
彼女「え?何?」
 俺「返して欲しけりゃここまでこいよ」
彼女「ちょっと、返してよ〜」
  (彼女は100メートルほど走り、砂浜の上でようやく追いつく)
彼女「ハァ、ハァ… もう、変なコトしないでよ〜」
 俺「ほら、笑ってんじゃん」
彼女「え?」
 俺「やっぱお前には笑顔が似合うよ」
彼女「……うん」


↑をやろうとして落ち込んだ彼女の鞄を奪い走り出した俺。ところが意に反して泣き出す彼女。
動転した俺は鞄を持ったまま二人乗りバイクにまたがり一目散に逃走、そのまま帰宅。
今となってはこの鞄だけが彼女の思い出です。
posted by t3ttt at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | m9(^Д^)プギャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。