2007年06月30日

長岡の系譜

( =ω=)o彡゜
乙拝法師長岡(おつはいほうし ながおか)(生没年不詳)
魔訶乙拝波羅蜜多心経(まかおつはいはらみつたしんきょう)を日本に伝えたといわれる。
あとなんかいろいろした。
  . .
( ゚∀゚)o彡゜
長岡 麻呂(ながおかの まろ)(生没年不詳)
奈良時代末期から平安時代中期の公卿。
彼が編纂した和歌集である万乳集(まんにゅうしゅう)には女性の乳を愛でる彼の和歌が数多く掲載されている。

∧_ヘ
/ \〇ノゝ
/三√ ゚∀゚)o彡゜
長岡 乳部大輔(ながおか ちちぶだゆう)(生没年不詳)
戦国時代の武将。秩父地方を治めていた。
乳部大輔とは長岡家が代々自称してきた官職であり、実際には存在しない。

  _, ,_
( ・ω・)o彡゜
乙杯数寄蔵(おっぱい すきぞう)(1722〜1806)
防州足乳根(現在の山口県周防市付近)に下級武士の子として生まれる、幼名は茂見助(もみすけ)。
幼少の頃より才覚を発揮し、八歳のころには藩の蘭医千房垂庵(ちぶさたれあん)の門下生となる。
しかし、乳房に対する異常なまでの執着心から師との確執を招き、1741年秋に藩校から追放される。

( ゚∀゚)o彡゜
Georges 長岡(ジョルジュ・ながおか)(197?〜)
IOPC(国際おっぱい委員会)会員、おっぱい道八段範士。
さらには高速でチャーハンを炒めるなどのスキルを持つ。
貧乳の妻に対するプロポーズの言葉は流行語大賞にノミネートされたほど有名である。
長岡家と同じくおっぱいに貢献したフランスの名家の血をひいている。
posted by t3ttt at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。