2007年06月30日

東から西へ

スターリンが起床し、バルコニーから空を見上げた時、朝日はこう歌った。
「同志スターリン。希望の星よ。世界中があなたを讃えます」
スターリンは大変満足してその日の執務に取りかかった。

夕暮れになり、バルコニーに出たスターリンに、夕日はこう歌った。
「ボケ老人のスターリン!とっとと地獄へ落ちやがれ!」
スターリンは驚いてこう尋ねた。
「太陽よ。今朝と言っていることが全然違うではないか」
夕日は答えた。
「クソジジイが!俺はもう西側にいるんだよ!」
posted by t3ttt at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。