2004年10月13日

「2ちゃんねる」が生んだ文学、「電車男」22日刊行

「2ちゃんねる」が生んだ文学、「電車男」22日刊行
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041012-00000505-yom-soci

インターネット上で自由に意見を書き込む掲示板「2ちゃんねる」から生まれた
恋愛実話が話題を呼び、文芸出版の老舗・新潮社から今月22日、
「電車男」の題で刊行されることになった。匿名の人々がウブなオタク青年を
ネットの会話で励まし恋愛成就に導く斬新な物語に対しては、
「小説を超えた新しい恋愛文学」との評価も出ている。

「電車男」が生まれたのは、「もてない男たち」がネット上で雑談する
「2ちゃんねる」内の「独身男性板」。今年3月、電車内で酔っ払いに
絡まれた女性を助けた、電車男こと22歳のアニメ好き青年が、
お礼を贈ってくれた彼女をデートに誘いたいと、
掲示板の仲間たちに助けを求めたのが始まり。

電車男の純情さに打たれた仲間たちは、食事への誘い方やファッションまで
細かにネット上で助言し、徐々に親密度を深めていく電車男のデートの報告に
一喜一憂するさまが同時進行で展開する。2か月後に女性への告白が成功すると、
祝福の文字絵を連発して盛り上がる。

同板の中に分散していた書き込みを有志が一つの物語に編集しネットに
発表したところ、口コミで評判が広がり、関係者に出版社8社から
書籍化依頼が殺到。「匿名の人たちの書き込みが青春と連帯の物語を
作った新しい文学」(新潮社出版部)と、ネットと同じ横書きの出版が決まった。
電車男も編集した有志も正体を明かさず、著者名は、ネットの中の
独身者をもじり「中野独人」となる。

ミリオンセラーとなった「Deep Love」シリーズや「世界がもし100人の
村だったら」など、携帯電話やインターネットのサイトから生まれる
書籍は増えており、韓国映画「猟奇的な彼女」の原作小説も、
パソコン通信の掲示板で話題となった恋愛実話。

「今世紀最高の感動的恋愛物語」と小説誌の書評などで絶賛している翻訳家、
大森望さんは、「今の日本の小説やトレンディードラマでは成立しない恋愛の
どきどき感が自然発生的に面白いドラマとなっている点がすばらしい」としている。

男達が後ろから撃たれるスレ 衛生兵を呼べ
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Aquarius/7075/index.html
posted by t3ttt at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。