2005年12月31日

宗主国様からの賜り物

朝日新聞社サイト 中国からウイルスを下賜される

1 :番組の途中ですが名無しです :2005/12/29(木) 19:28:40 ID:j3FF97BG0● ?
朝日新聞HP改ざん 中国から

今年10月、朝日新聞社のホームページに、
利用者がコンピューターウイルスに感染する不正なプログラムが仕組まれていた事件で、
プログラムは中国国内から送りつけられた疑いが強いことが、コンピューターの通信記録からわかり、
警視庁は、中国側に情報提供を求め、捜査を進めています。
http://www3.nhk.or.jp/news/2005/12/29/k20051229000092.html

***

【ネット】中国からウイルスに感染するプログラムを送りつけられた疑い…朝日新聞HP改ざん事件

1 :ままかりφ ★ :2005/12/29(木) 21:00:16 ID:???0
今年10月、朝日新聞社のホームページに、利用者がコンピューターウイルスに
感染する不正なプログラムが仕組まれていた事件で、プログラムは中国国内から
送りつけられた疑いが強いことが、コンピューターの通信記録からわかり、
警視庁は、中国側に情報提供を求め、捜査を進めています。

この事件は、今年10月、朝日新聞社が東京の制作会社に運営と管理を委託して
大学進学情報を載せているホームページ「キャンパス・アサヒコム」の一部が
書き換えられ、閲覧すると利用者がコンピューターウイルスに感染する不正な
プログラムが仕組まれていたものです。被害届けを受けた警視庁が、
コンピューターの通信記録を調べた結果、このプログラムは中国国内から
送りつけられた疑いが強いことがわかりました。

ホームページが改ざんされた前後には、中国国内からのあわせて100回以上の
不正なアクセスが記録され、コンピューターに保存されている個人情報などを
引き出そうとした疑いもあるということです。警視庁は、誰がどのような目的で
不正なプログラムを仕組んだのか、警察庁を通じて中国側に情報の提供を求め、
捜査を進めています。

http://www3.nhk.or.jp/news/2005/12/29/k20051229000092.html
http://www3.nhk.or.jp/news/2005/12/29/d20051229000092.html

48 :名無しさん@6周年:2005/12/29(木) 21:10:59 ID:3LOIrVkh0
中国の息づかいを感じていれば、事前に気配があったはずだ。

69 :名無しさん@6周年:2005/12/29(木) 21:18:46 ID:HUM0eQ5H0
(-@∀@) 我々は味方だ!撃つなー!!!!

82 :名無しさん@6周年:2005/12/29(木) 21:23:40 ID:Jz+I9NCO0
だが、心配のしすぎではないか
中国ウィルスはアジア的優しさ

なあに、かえって免疫力がつく。

122 :名無しさん@6周年:2005/12/29(木) 21:34:20 ID:1rxqeQeK0

(-@∀@)「みんな、フォロー頼むよ!!」

毎日「ウィルスの息づかいを感じれば事前に阻止できたはず。」
東京「そうそう、かえってウィルスへの免疫力がつくし。」
毎日「うん、ウィルスに感染すればラッキーかもしれないな」

(;@Д@)「……。」

151 :名無しさん@6周年:2005/12/29(木) 21:49:17 ID:GzyoIjFz0
(;@Д@) い・・・ 一発だけなら誤射かもしれない・・・
posted by t3ttt at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | m9(^Д^)プギャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。