2007年06月16日

ボブだくの画廊

231 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:04/04/08 21:31 ID:6k1cfuu7
やっぱり私って性格悪いな…ふいに言った言葉で
相手怒らしちゃう。思いやりに欠けてるんだろうか。
口は災いの元と言うけど、悪気はなくとも悪い事を言ってしまうのは
きっと心が汚いからだ。今日はズシンと罪悪感でいっぱいです。
そしてますます自己嫌悪に陥る。

241 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:04/04/08 22:07 ID:gqHpvFlu
>>231 悪気はないのに、とっさに口から出る言葉で相手を傷つけてしまうヤシというのは、
心が汚いんじゃなくて、言葉を知らないんだと思うんだよなー
その場その場にふさわしい言葉の選び方がヘタ。ボキャブラリーが少ない。
もっと本を読んだりして、いろんな言葉を自在に使いこなせるようになりたまい

247 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:04/04/08 22:47 ID:6k1cfuu7
そうかぁ、私にはボブギャラリーがなかったんだ。言われてみて納得。
頭悪いしなあ。本読んでもすぐ飽きるし。嫌な事逃げてると
必ずツケがまわって来るよね。反省後悔。

249 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:04/04/08 23:06 ID:PSFCwjS6
>247
…ボブギャラリー…

295 名前:ボブギャラリー 投稿日:04/04/09 10:45 ID:iDvOU6Vn
――――――――─┐┌―――――――――─┐┌―――――――――─┐┌――――――――
―――――――─┐│|┌―――――――─┐│|┌―――――――─┐│|┌――――――─
     _         ││||     _         ││||     _         ││||     _
  , '´   `ヽ     .││||  , '´   `ヽ     .││||  , '´   `ヽ     .││||  , '´   `ヽ
. /      r 、  ││||. /      r 、  ││||. /      r 、  ││||. /      r 、
 |      ,. ヾ,jヽ ││|| |      ,. ヾ,jヽ ││|| |      ,. ヾ,jヽ ││|| |      ,. ヾ,jヽ
 .', 、,,rッイ   .',  .││|| .', 、,,rッイ   .',  .││|| .', 、,,rッイ   .',  .││|| .', 、,,rッイ   .',
  `irノ ,.ヽ ,、ヽ ,i   ││||  `irノ ,.ヽ ,、ヽ ,i   ││||  `irノ ,.ヽ ,、ヽ ,i   ││||  `irノ ,.ヽ ,、ヽ ,i
   ゝ、r‐'"1} }i,ノ  ││||   ゝ、r‐'"1} }i,ノ  ││||   ゝ、r‐'"1} }i,ノ  ││||   ゝ、r‐'"1} }i,ノ
    / \-' ,リ'ィ´ . ││||     / \-' ,リ'ィ´ .││||     / \-' ,リ'ィ´ .││||     / \-' ,リ'ィ
    i   ,.イ~ /     ││||    i   ,.イ~ /     ││||    i   ,.イ~ /     ││||    i   ,.イ~ /
――――――――┘│|└――――――――┘│|└――――――――┘│|└―――――――
――――――――─┘└―――――――――─┘└―――――――――─┘└――――――――
    [サップ]                  [サップ]                  [サップ]                  [サップ]
posted by t3ttt at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんて厚かましい

以前、外国の空港でのこと。
売店でクッキーとお茶を買ってから
待合室で座って雑誌を読んでいた。
ふと横を見ると、なんと俺が買った
クッキーの袋をガキが持って勝手に
喰っているではないか。
身なりからして乞食の類ではないし、
顔つきも利口そうだ。
俺は黙ってガキの顔を睨みつけながら
負けじとクッキの袋に手を入れて自分も
食べだした。
ガキはきょとんした表情で、しかし負けじと
こちらが一枚食べればガキも一枚食べる。
最後の一枚はガキが手にした。
しばらく俺の顔と最後の一枚を交互に見比べた後、ガキはにっこり笑ってそれを半分に割って
半分を俺に手渡し半分を口に入れると、袋を
ゴミ箱に捨て手をはたいてどこかに行ってしまった。
結局なんだんだったんだと思いながら、
しばらくして手続きの為にかばんを開けた俺は
構内に響き渡る悲鳴を上げた。
posted by t3ttt at 23:47| Comment(1) | TrackBack(0) | m9(^Д^)プギャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黙れショウガクドコモダケ

「僕は端末選びにおけるポイントとして、バイブレーター機能を最重要視しているわけですが、
店員さんイチオシの『グッド・バイブ端末』はどれですか?」って、真面目な顔して訊ねてやるんだ。
すると彼女、「そうですね…正直申しまして、すべての機能を検証しているわけではないので…」
なんて言い訳しちゃってさ、『バイブ』という単語すら口にしたくない様子なんだよね。
「試してみようか?」って囁きながら、展示されている全機種のバイブをONにして、
「ヴヴヴ…ヴィーン!ヴィーン!」って音を響かせてやったらさ、
ほっぺたを赤くさせながら「ちょ、ちょっとやめてください!!」。
「はぁはぁッ…、“お客様、バイブはおやめください!”って、可愛い声でおねだりしてごらんよ!」
って叫んだ瞬間、ドコモダケのぬいぐるみを投げつけてきやがった。
可愛い顔して恐ろしい女だけど、俺に宿った『ドコモダケ』は爆発寸前、
もっと恐ろしいことになっていたんだ――。
posted by t3ttt at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。