2005年10月08日

諦めろ

697 名前:名無したん(;´Д`)ハァハァ[sage] 投稿日:2005/10/07(金) 00:59:50 ID:dC6NjYdB
>>696
おい、詳細希望

698 名前:名無したん(;´Д`)ハァハァ[sage] 投稿日:2005/10/07(金) 01:49:41 ID:OJEEvNe4
っと思ったけどやっぱいいわ。

699 名前:名無したん(;´Д`)ハァハァ[sage] 投稿日:2005/10/07(金) 02:05:42 ID:dC6NjYdB
いや、希望しますよ。勝手に答えないで下さいよ。お願いしますよホント

700 名前:名無したん(;´Д`)ハァハァ[sage] 投稿日:2005/10/07(金) 02:54:20 ID:oDPSJfuK
っと思ったけどやっぱり結構です。

701 名前:名無したん(;´Д`)ハァハァ[sage] 投稿日:2005/10/07(金) 02:56:26 ID:dC6NjYdB
だから希望しますって。なんで勝手に答えるんだお前ら、意地悪しないで下さいよ。

702 名前:名無したん(;´Д`)ハァハァ[sage] 投稿日:2005/10/07(金) 03:54:39 ID:KJobRdVN
何度もすみませんまた今度にします。

703 名前:名無したん(;´Д`)ハァハァ[sage] 投稿日:2005/10/07(金) 04:28:53 ID:uCbPgkT3
希望するっつってんだろ!
いや、キレてないですよ。俺をキレさせたら大したもんですよ。

704 名前:名無したん(;´Д`)ハァハァ[sage] 投稿日:2005/10/07(金) 04:38:22 ID:dC6NjYdB
何この流れ(´;ω;`)
posted by t3ttt at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はい復活

522 :水先案名無い人:2005/10/04(火) 13:33:48 ID:hnjI9iKr0
小学4年の頃、友人の少なかった私に祖母がファービーをプレゼントしてくれました。
当時ファービーは高額だったため、私は祖母にとても感謝したものです。
遊んでいくうちにファービーは少しずつ色々な言葉を覚えて行きました。
「ボクオナカスイター」
「今ご飯あげるからね〜」
そんな毎日は私にとって幸せなものでした。

しかし月日が経つにつれ、少しずつファービーの存在など、私は忘れて行ったのでした。
数ヶ月が経ったでしょうか。私が一人、テレビを観ていると背後から声がしたのです。
「ネ…ェネェ…」
それはファービーでした。電池が底を尽きかけ、弱々しくなった音声でした。
私は自分を呪いました。友人のいない私と遊んでくれたファービー…。
そんなファービーの存在を忘れてしまうなんて。
私がファービーを手に取った時、彼は「ボ…ク、トモ…ダ…チ」という言葉を最後に全ての動作が止まりました。
「今までありがとう。忘れててごめんね…」
いつの間にか、私の頬には一筋の涙が流れていました。


次の日、祖母が電池を入れ替えていた。
posted by t3ttt at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

午後は○○

1 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2005/09/27(火) 21:34:51 ID:4/D/QQ630
今日なんの日?

2 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2005/09/27(火) 21:35:07 ID:zsJBOwGZ0
フッフー
posted by t3ttt at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大胆発言

51 番組の途中ですが名無しです New! 2005/09/26(月) 13:04:52 ID:ssv6ikNq0
マジで多いよな。
殺したいほどムカツク。
>>34>>36みたいなこっちが出会い系とかに登録したような事が前提のヤツね。
なにが
『私も仕事のストレスが貯まっています。
 お互いに大人の関係でストレスを発散しませんか?
 やだ、ちょっと大胆なこと言い過ぎました?』
だよ!

俺はニートで仕事のストレスなんてないんだよ!
一番辛いところ突きやがって!大胆な事いいすぎだろ!
posted by t3ttt at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | m9(^Д^)プギャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

してくださらないようです

スミス夫妻が年に一度の定期検診に出かけた。
診断が終わり、スミス氏が診察室を出ると、医者は夫人を呼び、深刻な面持ちで告げた。
「これから私が言うことに奥さんが協力してくださらないと、
 ご主人はまもなく死んでしまいます。いいですか?
 まず、食事はなるべく塩分を控えたものを作ってください。
 肉の量を減らし、野菜や魚をたっぷりと使うのも忘れずに。
 ヒステリーを起こして、ご主人にストレスをかけないように。
 夜の生活も重要です。ご主人のニーズを、最低一ヶ月に一回は満たしてあげてください」

帰宅途中、スミス氏は医者が夫人に何を伝えたのか知りたがった。
どんなにごまかしてもしつこく尋ねてくる夫に、
妻は言い難そうな様子でぽつりと答えた。

「あなたはまもなく死ぬそうよ」
posted by t3ttt at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。