2005年10月07日

あんた悪魔だ

261 名前: ひよこ名無しさん [sage] 投稿日: 2005/09/13(火) 15:07:53 0
VIPからの使者に板を荒らされて困っている人達を
こらしめるにはどうしたらいいですか。
posted by t3ttt at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電突隊GJ!

【社会】"バイブにサイン"辻元清美代議士、「国民の生命と財産を守るつもりはない」「国家の枠を崩壊させる」 主張と、週刊新潮報じる

1 :伝七φ ★ :2005/10/06(木) 17:41:43 ID:???0
週刊新潮 10月13日号
「週刊新潮、来てへんやろな」と大人のオモチャにサイン
「アダルトショップ」主催イベントで講演した「辻元センセイ」

(略)
この席で、辻元代議士はどんな話をしたのか、といえば、一時間以上も関西弁で
話し続けたそうだ。 「週刊新潮来てへんやろな」と前置きした上で、「小泉さんって
マッチョやで。単なるマッチョ男」「私の製作の柱はピースでフェアでフェミ」「私の事
件、メディアによる二次被害、三時被害みたいなのを今もやられてるからね」
「国会議員って言うのは、国民の生命と財産を守るといわれてるけど、私はそんな
つもりでなってへん。私は国家の枠をいかに崩壊させるかっていう役割の国会議員や」

今でも、三年前の春、本誌の記事が秘書給与詐取事件の発火点になったことがト
ラウマのご様子。だが、流石に聴衆の心を掴むのは上手で、万雷の拍手を浴びたの
(略)

[関連スレッド、記事、ブログ]

【社会】社民党衆議院議員 辻本清美氏 ポルノイベントでサイン入りバイブレーターを販売 2ch発 週刊新潮報じる
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1128561446/

電話突撃隊出張依頼所85 (2ちゃんねる ハングル板)
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1127367495/555-556

【他称:原理関係者】mumurブログ
http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50134598.html

「女の働き方」 北原みのり氏のコラム
http://www.lovepiececlub.com/kitahara/archives/000485.html

週刊新潮
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/
posted by t3ttt at 00:26| Comment(1) | TrackBack(0) | m9(^Д^)プギャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

琵琶湖をとったら

649 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2005/09/10(土) 21:39:24 ID:bKJ3q4oR
でも実際、滋賀から琵琶湖とったら何が残るの?

650 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2005/09/10(土) 21:47:50 ID:Sfuslwzi
なんも残んね
しがない県になっちまう
posted by t3ttt at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あんたは頑張ったよ…

30 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2005/09/14(水) 21:05:57 ID:LwxPUntV
小学生の頃、妹とプールでお母さんごっこをすることになり、私が母役をすることになった。
そして妹が「お母さん助けて〜」とバシャバシャと見事な溺れるふりを披露した。
私は「出番だ!」と思い近寄ろうとしたその瞬間!!
突然、屋内プールに響き渡る大声で、自分の子供の泳ぎを見学していたであろうスーツ姿の中年の男性が
「待ってろおおおおおおおお!!!」
と叫んでスーツのままプールに飛び込みこちらに猛スピードで泳いできた。
館内は静まりかえり、溺れるふりをしている妹だけが気づかずに演技をつづける。
そして男は妹の元へたどり着き必死で「大丈夫か!?」と抱きかかえる。
しかし、突然演技を邪魔されたことに憤慨したのか妹は
「はなしてよ!」
と男をはねのけ得意の名クロールですぐさま泳ぎ去った。
私は他人のふりをすることしかできなかった。
ひとり取り残された男はしばらくその場にたたずんでいた。
posted by t3ttt at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | m9(^Д^)プギャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

故に我なし

デカルトが友人と共に喫茶店を訪れた。
友人は注文したコーヒーを飲みながら言った。
「ここのコーヒーは絶品だね。お前もそう思うだろう?」
「いや、私は思わない」と言うや否や、デカルトは消えてしまった。
posted by t3ttt at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

特定不能

150 :文責・名無しさん :2005/10/05(水) 11:12:16 ID:QatssFrG
何度も指摘されてるが、
NHK番組改編問題、じゃなくて
朝日新聞記事捏造疑惑、だろ?

152 :文責・名無しさん :sage :2005/10/05(水) 11:45:53 ID:9f4TCLVU
>>150
> 朝日新聞記事捏造疑惑、だろ?
そういいたい気持ちはわかる。
だがよく考えてみろ。
それじゃ余りにも多すぎてどの件だかわからないだろう。
posted by t3ttt at 00:33| Comment(1) | TrackBack(0) | m9(^Д^)プギャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食うかそんなもん

806 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2005/10/05(水) 09:58:40 ID:udA7wIWm
「コレ良かったら食べて下さい。いらなかったら捨てちゃっていいですから」
と、言うつもりだったのに
「コレ捨てようと思ったんですけど良かったら食べて下さい」
と言ってしまった時‥
posted by t3ttt at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | m9(^Д^)プギャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太くて長くて固いやつ

88 名前: 名無し職人 [sage] 投稿日: 2005/09/08(木) 21:31:58
電車の中で尻を触られた
私はありったけの勇気を振り絞り
その手をガッチリ掴んで

「この人チカンですっ!!」

高々と掲げた私の手には一本の大根が握られていた
posted by t3ttt at 00:20| Comment(2) | TrackBack(0) | m9(^Д^)プギャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奇行以外のなにものでもないな

349 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2005/09/17(土) 04:09:46 ID:W0JLu32e
奇行かどうかはわからないけど、ついやってしまうこと。
最近はやってるのは、お惣菜のパックとかについてくるパセリを
鼻の中に入れて小さな森を作ることかな。
posted by t3ttt at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | m9(^Д^)プギャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まあつまり、そんな感じ

女「ねえ、私の作った料理どうだった?」
男「愛してるよ」
女「料理の味を聞いてるのよ。食べてくれたんでしょう?」
男「ああ、食べたさ。…それでも君を愛してるよ」
posted by t3ttt at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

20Q

いくつかの質問をもとに、こちらの考えていることを言い当ててくる人工知能と遊べます。

20Q
http://bandai.20q.net/play

思っていていたよりも精度が高くて楽しめました。
posted by t3ttt at 00:28| Comment(4) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

牛丼一筋300年

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/01(土) 08:05:09
吉野屋行ったんですよ、吉野屋。
とこの語りはおいといて、したらなんかオヤジが怒鳴り散らしてる。
どうやら店員がおつりを間違えて少なく渡しちゃって、
それに気付いて引き返してきて怒ってるという
シチュエーションらしい。
ま、店員は怒られてもしょうがないわな。
でもこっちはメシがまずいなあ。食すすまねーや。と思ってたら。
そのオヤジ。真剣に、怒りで顔を真っ赤にさせながら叫びました。

「これがあのキン肉マンも愛した吉野屋か!!」

もうメシ食えんかった。
米吹いてた奴もいた。
posted by t3ttt at 00:26| Comment(1) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鶏さんめ

683 :おさかなくわえた名無しさん :2005/10/03(月) 00:43:34 ID:lvPBVDpJ
よし、俺が胸がスカッとする武勇伝を語ってやろう。
一年程前の話だ。
その日は休みだったので、午後からパチンコに行った。
適当にホール内を散策してたら、友人がスロットを打っていた。
俺は「おう、久しぶりだな」と、思いっきり後頭部をはたいた。
「って!」っと、怪訝な顔でこちらを睨み付ける友人、、、
いや、正確には友人ではない。

赤の他人。空似、見間違いってやつだ。
引っ込みがつかなくなった俺は、その列全員の頭をはたいてまわり、
「お前らせっかくの日曜なのにめでてぇーなバーカ!」と吠えて、走って逃げた。



その次の日に引っ越した。
posted by t3ttt at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | m9(^Д^)プギャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わかってないなぁ

658 名無しさん@そうだドライブへ行こう sage New! 2005/08/27(土) 21:59:58 ID:uOY0EIP/0
一人で乗るときはいいんだけど、
彼女が横に乗ると手を乗っけてくるから
正直シフトしづらいです。

660 名無しさん@そうだドライブへ行こう sage New! 2005/08/27(土) 22:08:55 ID:UpwcYK500
>>658
君「おっまたコイツ手を重ねてきたな。俺のシフトワークにうっとりなのか?カワイイ奴だな」

彼女「何シフトアップしようとしてるんだ?違うだろ。このコーナーは2速で引っ張れよ」
posted by t3ttt at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

面接

ボブとジョンの二人は、長年、精神病院に入院していた。
病院では年に一度、院長との面接があり、そこで出される質問に正解することができれば、
完治したと判断され、退院が許可されることになっていた。

まずボブが院長室に呼ばれた。
「もしきみの目が一つなくなってしまったら、どうなるかね?」と院長。
「半分しか見えなくなるんじゃないかな?」ボブが答える。
「正解だ。じゃ、もしきみの両目がなくなってしまったら、どうなるかね?」
「なにも見えなくなるんじゃないかな?」
院長はその答えを聞くと、微笑みながらボブに退院の許可を与えた。
院長室の外に出ると、ボブは控え室で待っていたジョンに、
こっそり質問の内容と正しい答えを教えた。

しばらくして、ジョンが院長室に呼ばれた。
「もしきみの耳が一つなくなってしまったら、どうなるかね?」と院長。
ボブが教えてくれた答えを思い出しながら、ジョンは言った。
「半分しか見えなくなるんじゃないかな?」
院長はその答えに戸惑ったが、気を取り直して質問を続けた。
「じゃ、もしきみの両耳がなくなってしまったら、どうなるかね?」
「なにも見えなくなるんじゃないかな?」とジョン。
院長はすっかり困ってしまい、ジョンに尋ねた。
「どうしてなにも見えなくなるんだい?なくなるのは耳なんだよ?」
少し考えて、ジョンが答えた。

「だって、帽子がずり落ちて目を覆っちゃうもの」
posted by t3ttt at 00:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

親父可愛いな

586 名前: 名無し職人 [sage] 投稿日: 2005/10/03(月) 06:10:41
レンタルビデオ屋をよく利用する父が「かすみ」というDVDを借りてきた。
もう見るテレビもなくなった夜中に、父が「これ見よう」とその「かすみ」を差し出した。
上映開始。

内容としては、何てことないB級映画だった。
ところが、開始約15分後にいきなりセクースが始まった。
雰囲気だけじゃなく、結構リアル。
私:テレビの真ん前 父:テレビから少し離れたソファー
ヤバイ。うかつに動けない。
何が悲しくて父娘でAVもどき見なきゃいけないんだ。
とか思いながら、二人とも無言のまま映画を見続けた。

その後も、やはり15分置きぐらいに、色んなセクースシーンが入っていた。
かすみの処女喪失とか、被ってる天狗面の鼻先で熟女の乳首を攻め続ける子どもとか。
二人ともずっと無言だった。
もう「反応した方が負け」的な雰囲気だった。


やっと映画が終わった。
そしてソファーの父が一言
「うぅ〜ん、あれ〜?お父さん寝ちゃったみたい!
 布団で寝るね!おやすみ!!」


嘘付け。
posted by t3ttt at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

げっぷがもたらすおわり

【海外】「世界のおわり」 は牛のげっぷがもたらす 仏科学者が注意喚起

1 :なべ式φ ★ :2005/10/03(月) 18:13:06 ID:???0
世界は宇宙大爆発で滅びるのではなく、牛のげっぷで滅びる可能性があるとフランスの科学者が
警告している。牛など家畜がげっぷで出すメタンガスが地球温暖化の大きな原因になっていると
主張するのはフランスの国立銀行ケースデデポーの気候変動研究者ベノワ・レゲ氏で、フランスの
2000万頭の牛は同国の温暖化ガス排出量の実に6.5%を占めると推定している。

これまでは、「我々が知っている世界の終わり」(TheEndoftheWorldAsWeKnowIt=TEOTWAWKI)を
引き起こす主犯として化石燃料を燃やす車、発電所、工場などが槍玉に挙がり、牛の関与は
考えられなかった。しかしレゲ氏は、フランスの場合、牛が大気中に放出する温暖化ガスは毎年、
2600万トンに達すると試算している。

引用元:OCN (時事) 2005/10/03
http://www.ocn.ne.jp/news/data/20051003/a050930063628.az1w97zm.html

42 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 18:23:59 ID:vSJiki6j0
俺の終わりも月賦がもたらす。
posted by t3ttt at 00:50| Comment(1) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お前がシャラップ

日本びいきの外人を見るとなんか和む Part11!!!

577 :1/3:2005/10/02(日) 17:51:52 ID:waPi76c3
すいません、ちょっと長いんですけど書かせてください。

高校の頃、英語の授業に20代前半の結構イケメンなアメリカ人教師が来た。
授業は一人一人アメリカ人先生に名前を呼ばれ、前に出てマンツーマンで話をするっていう形式。
先生には授業前に生徒の名前をローマ字に直したプリントを渡してた。

授業が始まると片言の日本語で挨拶をする先生に女子連中はキャーキャー言っていたけど
それを結構厳しい口調で注意するような真面目な先生だったので、みんな真剣に授業に臨んでた。
授業は順調に進み、結構人気のあった女子の「新保(しんぽ)さん」の番になった。
先生はそれまでやってきたように大きな声で彼女の名前を呼んだ。

「ジャアツギノヒトネ。ンーーアーー・・・ちんぽ!ちんぽサン!」

続きを読む
posted by t3ttt at 00:47| Comment(3) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

罠です!

494 :なまえをいれてください :2005/08/30(火) 09:57:31 ID:Gphq+yAX
俺りんかい線から埼京線直通の大宮行き乗ってたんだけど
前に女性が座ってて、そのうち一人が大井町で降りた。
「じゃ、またー。」「あ、お疲れー。私渋谷まで行くから。」
そんな会話を耳にした。
その後電車は大崎〜恵比寿と進行したが、恵比寿で停車直前に
車掌が何を血迷ったか、「渋谷〜、渋谷です」とアナウンスしやがった!
女性が腰を浮かして降りようとしたので「あっ!待って!ここ恵比寿だから!」
って教えてあげたけど、「あ...でも、今渋谷って...」って今ひとつ
車掌のミスを飲み込んでいない。
そうこうしている間に電車は停車し、ドアも開いた訳だけど、事情を丁寧に
説明する時間的余裕が無かったため、俺は一言「これは罠だ!」と彼女に言った。
彼女がぽかーんとしてる間にドアは閉まって、また電車は動き出した。
そして次の駅の直前、車掌が何事も無く「次は、渋谷〜、渋谷」とアナウンス。
下車間際に彼女は「ふふっ、罠でしたね。」と軽く会釈した。
posted by t3ttt at 00:45| Comment(4) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くどい

病気一つ患っていないのに、自分は死んでいると思い込んでいる男がいた。
男の妄想があまりに酷いので、家族はとうとう精神科医に見せることにした。
精神科医は何度も男と会って、自分はまだ生きているのだということを認識させようとした。
しかし、どんな治療を施しても効果はない。
仕方なく、人体についての基礎を講義して聞かせることにした。
精神科医は医学書を取りだし、死んだ人間は血を流さないということを男に教え始めた。
何時間もかけて根気強く教えると、男はとうとう死人は血を流さないものだと理解したようだった。
「さあ、もう納得できましたね?死んだ人間は?」
「はい、決して血を流しません」
「よろしい。それでは…」
そう言って医師は針を取り出すと、男の指を刺した。傷口から血がにじんだ。
医師が尋ねた。
「このことから、どのようなことがわかりますか?」
「何てことだ!」
男は驚嘆して指を見つめながら叫んだ。

「騙された!死人でも血を流すんじゃないか!」
posted by t3ttt at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

朝日は期待を裏切らない

138 :水先案名無い人:2005/10/02(日) 11:44:26 ID:9j8YEeGj0
【読売社説】[朝日新聞『見解』]「裏付けのない報道は訂正が筋だ」
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20051001ig91.htm
委員からは、記者がNHKの内部告発に基づき取材を始めたため、
「思い込み」が生じ、事実確認の「詰め」が甘くなった、という意見も
出た。報道機関として深刻に受け止めるべき指摘である。

秋山耿太郎社長も、「記事には不確実な情報が含まれていた」と、会見で
反省を口にした。それなのに「訂正する必要はない」と強弁するのは
“開き直り”としか受け取れない。

【毎日社説】朝日見解 事実解明なしで新聞社ですか
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/shasetsu/news/20051001ddm005070136000c.html
国民が知りたいのは有識者の評価などではない。かねて疑問が寄せられてきた
「取材記者はNHKと政治の関係より、本当は安倍氏らの歴史認識を
批判したかったのではないか」といった取材意図も含めた事実だ。

【産経社説】朝日NHK問題 なぜ潔く訂正できないか
http://www.sankei.co.jp/news/051001/morning/editoria.htm
それでもなお、朝日は訂正する必要はないとしている。「委員会もその
必要はないという意見が大勢だった」というのが理由だ。なぜ、自らの
責任で潔く誤報を訂正し、安倍氏らに謝罪することができないのか。
同じ報道機関として、理解に苦しむ。

【日経社説】幕引きにならぬ朝日の説明
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20051001MS3M0100L01102005.html
朝日新聞は「当事者の発言が変わった。変わったことは記事にしており
(最初の記事に)うそがあったわけではないので訂正はなじまない」と
説明するが、説得力を持ちうるだろうか。安倍氏やNHKが納得しない
のは当然だろう。

【朝日社説】朝鮮人徴用者遺骨 残してきた宿題の重さ
http://www.asahi.com/paper/editorial20051002.html
posted by t3ttt at 00:42| Comment(0) | TrackBack(1) | m9(^Д^)プギャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モルスァ

831 :水先案名無い人:2005/10/02(日) 20:01:56 ID:oOCx3tWY0
胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(24)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1126445857/

642 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2005/10/02(日) 07:45:37 ID:y1qu5EFr
1近所の電化店でマッサージチェアに股間をくっつけて、オウオウ言ってるガキ発見

2後ろからそっと近づきスイッチを最大にした

832 :水先案名無い人:2005/10/02(日) 20:43:32 ID:R7fqVTRm0
>>831
ガキ「ファー…ブルスコ…ファー…ブルスコ…ファ-」

833 :水先案名無い人:2005/10/02(日) 20:46:27 ID:yOPUK41z0
近所の電化店でマッサージチェアに股間をくっつけて、オウオウ言ってるガキ発見

最初は面白かったんだけど、なんかキモくなったので後ろからそっと近づきスイッチを最大にしたら
「モルスァ」みたいなこと言いながらすごい勢いで飛んで行った。

続きを読む
posted by t3ttt at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たぶん感動巨編

ジブリ映画作品で二番目に最強な作品決定戦

17 番組の途中ですが名無しです New! 2005/09/17(土) 01:29:32 ID:CD5yNyJF0
耳がきこえる
posted by t3ttt at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今からお前を殴る

遠足等おやつを消費する場面(以下、遠足等)においては、
おやつの総量規制を行なわずに、これを放置した場合、
過剰におやつを持参する子供の発生が予想される。
このことによって、子供達の間に、不公平感が生じるだけでなく、
あるいは、家庭の経済格差を子供達が意識してしまうことで、
望ましくない劣等感や優越感を持ってしまうなど、情操教育上、
不適切な状況の発生なども、当然、起こり得るのである。
したがって、遠足等においては、 何らかの方法によって、おやつの総量規制を行なう必要がある。
そのための手段として、最も適切な方法は、 おやつの購買にかかる金額に、上限を設けることである。
ところが、ここで新たな問題が生まれる。 おやつとは、何なのか。
おやつではない何かを、 おやつとして消費する場合、 上記の総量規制の対象外となるのではないか。
あるいは、おやつのつもりがなくても、 お弁当として持参した何かが、
おやつ規制の対象になってしまうのではないか。
判断に曖昧な部分を残せば、 結局、当初の目的であるおやつ規制の意味が消失し、
規制の実効性をも失いかねないこととなる。 すわなち、これは、 遠足の危機である。
こうした危機を回避するためには、
まず、おやつとお弁当を厳格に区別しなければならない。
お弁当の時間に、おやつを食べてはならない。 おやつの時間に、お弁当を食べてはならない。
これにより、おやつはおやつ、お弁当はお弁当として、 個別に扱うことが可能となる。
この区別は、食事の為の飲食と、 嗜好的飲食を、明確に区別する作業である。
おやつは、嗜好的飲食であって、 必要欠くべからざる食事とは、異なる行為なのだ。
ただし、この区別は恣意的な区別であり、 何らの思想的・哲学的・科学的根拠に基づく区別でもない。
一種の行政的手続きであって、単純に言えば、 「そう決めたから」にすぎない。
次に、おやつの範囲に関してであるが・・・、 おやつの総量規制は、
本来、 お弁当の内容には、干渉しない。 この制度が要求するのは、
あくまでも、おやつの総量規制であって、 お弁当の規制ではないからである。
ところが、お弁当においては、 デザートなるものが存在する。
これは、食事でありながら、 一種の、おやつ的な要素、 すなわち、嗜好的飲食の性質を備えた、
お弁当要素である。 これが、事態を複雑化する。 デザートにおいては、しばしば、 バナナが登場するのである。
バナナは、 食べると、嬉しい。 これは、歴然たる嗜好的飲食物であり、
充分におやつ的性質を備えており、 もしかすると、おやつかもしれないくらい、
嬉しい食べ物である。 このような食品をお弁当に含んだ場合、
そのお弁当は、おやつを含んでしまうのではないか、 つまり、おやつ規制の対象となり、
あるいは、デザートであるバナナを、 事中に消費することは、公的権力(この場合は教師)によって制止、
最悪の場合は没収という事態にまで発展するのではないか。
慎重な人ならば、誰でも、 そのように考えるわけである。
そこで質問となる。 「先生、バナナは、おやつに入りますか」
posted by t3ttt at 00:20| Comment(1) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生涯を墓場で

A「俺の妻が離婚したいなんて言い出すことは、絶対にないだろうね」
B「どうしてそんなことが言い切れるのさ?」
A「あいつは俺が幸せになるようなことは、決してしない女だからさ」
posted by t3ttt at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

周り中から

60 :水先案名無い人 :04/06/06 19:59 ID:mk/YCoui
 良 童    /     r ‐、                ノ     
 い 貞    L     | ○ |         r‐‐、     )   童 え       
 子 が    /_   _,;ト - イ、      ∧l☆│∧  ヽ   貞  |
 だ 許    /   (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l   i    !? マ
 け さ    i   |ヽ  ~~⌒γ⌒)  r'⌒ `!´ `⌒)  く     ジ
 よ る    _ゝ  │ ヽー―'^ー-'  ( ⌒γ⌒~~ /|  厶,
 ね の  「   │  〉    |│  |`ー^ー― r' |    ヽ
  l は   ヽ  │ /───| |   |/ |  l  ト、 |     レ、⌒Y⌒ヽ
⌒レ'⌒ヽ厂 ̄  |  irー-、 ー ,} |    /     i
人_,、ノL_,iノ!   | /   `X´ ヽ    /   入  |
      /             _人__人ノ_
ハ キ  {             「  キ   L_
ハ ャ   ヽ          ノ  モ    了
ハ ハ    >        )   |     |
                 く  イ     >

61 :水先案名無い人 :04/06/06 21:14 ID:Q5/NfM0P
      r ‐、
      | ○ |         r‐‐、
     _,;ト - イ、      ∧l☆│∧  良い子の>>60!
    (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l  
    |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)  
   │ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|  我々が童貞と馬鹿にされているようにしか見えないが!
   │  〉    |│  |`ー^ー― r' | 
   │ /───| |  |/ |  l  ト、 |
   |  irー-、 ー ,} |    /     i
   | /   `X´ ヽ    /   入  |
posted by t3ttt at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

むっつりスケベ

178 :おさかなくわえた名無しさん :2005/09/03(土) 14:01:36 ID:g2nNRGVO
俺が中一だったころ。
自分から率先して学級委員をやったり、合唱コンクールの伴奏者をしたり、成績も学年で三番以内と、まあ優等生だったと思う。
先生からも信頼されてたと思うし、クラスの中でもけっこういい感じだったんだ。
そのときいっしょに学級委員をやっていた女の子が、けっこうかわいくてしかも俺に好意を抱いてる、なんてうわさもあったり。

ある昼休み。突然部活の先輩が現れて、俺にカバンを持って教室の外に来るように言った。
その先輩は、エロ本を売りにきたのだ。俺としては、エロ本は欲しかったけど、わざわざ教室に来なくても…、て感じ。
人気の少ない階段の踊り場で渡された。そのとき同じ部活の奴が一人いっしょに来てその様子を見ていた。

取引が終わり、教室に戻ると、その同じ部活の奴が、クラスの軽く基地外なやつに、そのことをこっそり教えてしまった。
そしたら、そいつが、超大声で、クラス中に聞こえるような声で、こう言いやがったのさ。

「えええええええええええええ、○○(←俺の名前)、エロ本もってんのーーーー!!!!????」

一瞬ざわついてたクラスがシーンと静まり返った。クラスの全員の視線が一気に俺に集まった。
俺のことが好きだっていう女の子と目があったが、一瞬とても悲しそうな顔をして目を伏せた。
うまいこと言い訳しようかと思ったが言葉が出て来ないで立ち尽くしていた。しだいに教室もざわめきをとりもどしていったが、
微妙にいつもと違う空気が流れていた。

このときばかりはほんとうにああああああああああとか言いながら教室のベランダから飛び降りようかとおもった。

その後、俺はむっつりスケベというレッテルをはられて中学生活を終えた。

続きを読む
posted by t3ttt at 00:24| Comment(3) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正気に戻ったか

326 名前: 水先案名無い人 [sage] 投稿日: 2005/09/20(火) 16:18:41 ID:WFVrh6A20
僕の犬は体も白いし尾も白い
なぁーんつって^^;(爆笑)

327 名前: 水先案名無い人 [sage] 投稿日: 2005/09/20(火) 16:21:37 ID:WFVrh6A20
俺は何を血迷ったんだ
posted by t3ttt at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | m9(^Д^)プギャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

斬新な断末魔

ファービーが「ナデナデシテー」ってうるさいから
頭の上にマッサージ器あてて死ぬほどナデナデしたら
「ファー…ブルスコ…ファー…ブルスコ…ファ-」ってなった。


最初は面白かったんだけど、なんかキモくなったので首元を横から思い切りチョップしたら
「モルスァ」みたいなこと言いながらすごい勢いで飛んで行った。
posted by t3ttt at 00:15| Comment(1) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家族から来た高血圧

ある紳士が体調を崩し、病院を訪れた。
医師がその異常に赤い顔について触れると、紳士は言った。
「高血圧ですよ、先生。家族から来たものです」
「父方ですか、それとも母方?」
「どちらでもありませんよ。妻の家族から来てるんです」
「まさか」と、医師。
「そんなことありえません。なんだって奥さんの家族から高血圧が来るんです?」
紳士は紅潮した顔をさらに真っ赤にしながら言った。
「一度会われてはいかがですかな!きっとすぐに理解していただけるでしょうから!」
posted by t3ttt at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。