2005年07月25日

秘密基地

191 :前編 :2005/07/24(日) 17:38:14
幼い頃、近所の原っぱに作った秘密基地が俺達のたまり場だった。
拾ってきたトタン板や木工所から捨てられた木材などを寄せ集めて作った掘っ立て小屋。
今にして思えば犬小屋以下の造形だったが、それでも俺達にとっては
かけがえのない楽しい場所だった。

秘密基地に集まるメンバーの中にSと言う男がいた。
Sは手先が器用で、実は秘密基地建設も大半がSの手によるものだった。
ある日、秘密基地に行ってみると先に来ていたSが一心不乱に工具をふるって
基地にさらなる増設をしていた。
その日は皆で釣りに行く予定だったがSの「これができたらぜってぇー楽しいぞ。」との言葉に
釣り道具を放り出して増設の手伝いをした。
結局、その日は完成を見ることなく夜を迎え、続きはまた明日となり
皆は完成を楽しみにしながら帰路についたのだった。

翌日、いつもの原っぱに行ってみると、そこはすっかり様変わりしていた。
伸び放題だった草は刈り取られ、何台ものトラックが乗り入れていた。
そして俺達のゴミのような秘密基地は解体され、まさにゴミとして隅にうち捨てられていた。
近所の顔見知りのおっちゃんに聞くと、原っぱは駐車場になるのだという。
話を聞いたSの悔しそうで泣きそうな顔が印象的だった。
俺達の楽しい時間は唐突に終わりを告げた。
それから何日かは、次第に変わっていく元原っぱを見に来ては
言い表せない思いと共に歯噛みをしていたものだったが、次第に足も遠のき
中学入学と共にかつての仲間とも疎遠になり、秘密基地のことは記憶から薄れていった。

続きを読む

8秒

【ボクシング】日本最短試合記録更新 1回8秒TKO勝ち

29 名前: 名無しさん@恐縮です 投稿日: 2005/07/21(木) 19:57:32 ID:Kt5335z60
>>1
ちなみに内藤は「世界戦で26秒負け」したこともあるんだよな…

41 名前: 名無しさん@恐縮です [sage] 投稿日: 2005/07/21(木) 20:17:28 ID:Au6klrEX0
>>29
いや34秒だよ
内藤は26秒で負けるようなヘタレではない

42 名前: 名無しさん@恐縮です [sage] 投稿日: 2005/07/21(木) 20:36:40 ID:eVscNKWh0
>>41
大差ねぇよw

43 名前: 名無しさん@恐縮です 投稿日: 2005/07/21(木) 21:12:12 ID:fyXunBBx0
>>42
いや、8秒の差は結構でかい
8秒あればもう一人KOできる
posted by t3ttt at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宣言

863 おさかなくわえた名無しさん sage 2005/05/06(金) 00:12:29 ID:I+KJE8es
こじんまりとした飲み会(男女各2名)で、油断して
大人のおもちゃをネット通販で買った事があるのを話したら
やたらと男どもの食いつきが良かった。
「買ったけど使ってない」って言ったけど、買ったという事実だけで
妄想できるものなの?
ちなみに買ったものの、ほんとに使ってません。太さが・・・

むしろ私としては、もう一人の女子が経験したと告白した
人数の方が衝撃だったのですが。

続きを読む
posted by t3ttt at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黄絹幼婦

保健体育の教師が新婚さんだったんだ。
当然生徒からはいじられまくって、嬉しいような恥ずかしいような感じで言った一言。

『いいか、おまえら。恋愛というものはなだな、まず相手を好きになる。そして、好きが恋になって、
恋に愛が加わって恋愛になる。それで恋が消えて愛だけになると落ち着いてきたあたりが一番幸せだな。
それから愛に情けが加わって愛情になって、愛が抜け落ちてただの情になる。
終いには心も無くなってブルーになるんだ。皆もほどほどに恋愛しとけよ〜』

なんか感動した。
posted by t3ttt at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親愛なる息子へ

ある所に三人の既婚の娘を持つ女性がいた。
彼女は三人の娘婿が、義母である自分のことをどれくらい愛してくれているか、
いつも心配で仕方がなかった。
しかしある時、彼女はそれを確かめるための良い方法を思いついた。

次の日曜日、彼女は一人目の娘婿を訪ね、
二人で公園を散歩している時に、わざと足を滑らせて池に落ちてみせた。
娘婿は自分の洋服が濡れる事も省みずに直ちに池へ飛び込み、
溺れている彼女を救出した。
翌日、この娘婿の家の前に新車のフォルクスワーゲン・ゴルフが置かれていた。
そして、フロントガラスには次のようなメッセージが添えられていた。
「親愛なる息子へ 愛しています 義母より」

次の日曜日、二人目の娘婿と一緒に散歩をし、同じように池に落ちてみせた。
この娘婿もすぐに池へ飛び込み、彼女を救出した。
その翌日、やはり娘婿の家の前に新車のフォルクスワーゲン・ゴルフが置かれていた。
そして、フロントガラスには次のようなメッセージが添えられていた。
「親愛なる息子へ 愛しています 義母より」

次の日曜日、三人目の娘婿に対しても同様に、目の前で池に落ちてみせた。
するとこの娘婿は「やった!」とばかりに小躍りしながら、
義母を見捨てて帰宅してしまった。
その翌日、この娘婿の家の前に新車のメルセデス・ベンツが置かれていた。
そして、フロントガラスには次のようなメッセージが添えられていた。
「親愛なる息子へ 愛しています 義父より」
posted by t3ttt at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。