2005年07月11日

カーニバル?フェスティバル?

497 :( ´∀`)さん :2005/07/10(日) 09:11:16 ID:o3Ae5BTO0



               | へぇ〜、フェスティバルは見て楽しむ祭りで
               |  カーニバルは参加して楽しむ祭りなんだってさ
              \_____  ___________
                       ∨
        ヘエ〜
          ヘエ〜
        ∧∧  ヾ
       (,,゚Д゚)つ
       0  ノ ∩          ∧_∧
      | ̄ ̄ ̄ ̄|         (´∀` )- 、
      |        |      0⌒ヽ⌒と  ,,⌒)
                     ⌒`⌒


続きを読む
posted by t3ttt at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もういいからさっさと死んじゃえよ

320 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2005/07/10(日) 17:06:25 ID:gQH6okw90
> いや今でも恐怖だけど、アマゾンにはもっと凄いのがいるらしいから

カンディルとかいうヤツだったかな。
ちょっとした傷口とか穴から体に入り込んで内臓とか食い荒らすナマズかなんかの一種。
もうそりゃ動きが早く、「ぎゃあああ!カンディルが噛んでぃる!」
とか言う間もなく死んでしまうそうだ。
posted by t3ttt at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素敵な奥様

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/03(日) 15:36:47
これは俺も悪いんだけど、ずいぶん前の話。
予定外に早く帰宅&後輩連れ帰るコールした。
家に向かうバスの中で必死の形相で自転車こいでる嫁を発見した。
自転車の前かごにねぎ二本その他、鹿の角みたいにさしてすっぴんジャージ。
俺達の乗ったバスを追い抜こうと猛チャージしてる姿を後輩に見られた。
二人でできるだけゆっくり歩いて家に入ったら化粧ばっちりでさも何事もなかったように玄関に来て、
台所へいく後姿を見て驚いた。スカートの後がめくれて膝までまくったジャージがあらわ。
「ちょうどよかったわ。今夜はお鍋だったんですよ」(いや、必死でねぎ買ってたの見たってば)
3人でつつがなく鍋も終わり、後輩をバス停まで送っていった。
「いい奥さんですね。今度はちゃんと約束してからお邪魔します。…玄関の傘のところに大根ささってましたね」
と後輩はちょっと申し訳なさそうに、そして半笑いで帰っていった。
急なことだったけど嫁は全然怒らなくて機嫌もよかったんだけど、
傘たての大根だけは笑わせてもらった。
posted by t3ttt at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

325 名前:水先案名無い人 本日のレス 投稿日:2005/04/27(水) 03:12:21 G7zLP0GcO
みなさ〜ん!

ご機嫌はいかがです

326 名前:水先案名無い人 本日のレス 投稿日:2005/04/27(水) 04:53:28 42DD+4HT0
は〜い!

鬱でございま〜す♪

327 名前:水先案名無い人 本日のレス 投稿日:2005/04/27(水) 04:59:58 kBLKPAj80
躁ですか…
posted by t3ttt at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田舎者とエレベーター

田舎者の父子がショッピングセンターにやってきた。
二人は目につく物のどれもが珍しく、驚いてばかりいた。
とりわけドアが開くたびに、たくさんの人が溢れ出してくる施設には、大変に興味をそそられた。
少年が父親に尋ねた。
「パパ、これ何?」
エレベーターなんて見たことがない父親は、
「さぁなぁ。こんな不思議なもの、見たことも聞いたこともないよ。
 さっぱりわからん」と答えた。
父子があっけに取られて見ていると、太った体にみすぼらしい衣服をまとった老婆が、
杖をつきながらエレベーターの前に来て、ボタンを押した。
ドアが左右に開くと老婆は中へと入っていき、そのまま姿を消した。
父子はエレベーターの傍らに付いている番号が、一から順に点灯する様子を見つめた。
最後の数字に灯った光は、今度は逆に一へ向かって移動していく。
そして再びドアが開き、中から美しく着飾った美女が颯爽と現れた。
父親は彼女を見つめたまま、小声で少年に言った。

「今すぐママを呼んできなさい」
posted by t3ttt at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。