2005年07月08日

生きろ

383 名前:食いだおれさん[sage] 投稿日:2005/07/03(日) 20:16:41
JR横浜線相模原駅の駅ビル2階のカレー屋、ありゃなんだ?
2時頃入ったら店中のテーブルが残飯で溢れ返っていて、片付けてもいない。
厨房に女ひとり、フロアに女ひとりで大変そうなんだけどテーブルについても
挨拶どころか、水も持って来ない。何回も「すいませーーん!」って怒鳴っても
隣のおばあさんが興味深そうに微笑むだけ。
時間もなかったので、やむなく席を蹴って出ようとしたら厨房の女がこっちを
初めてみて、「ありがとうございました!」
ようするにおまえら何も見てないのね。もう生きません。

続きを読む
posted by t3ttt at 08:23| Comment(2) | TrackBack(0) | m9(^Д^)プギャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨の七夕

484 名前:代打名無し@実況は実況板で[sage] 投稿日:2005/07/07(木) 17:40:53 ID:yqZO5D0r0
すげー豪雨。
天の川が氾濫したのかな。
posted by t3ttt at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニャー。ニャー。ニャー

583 :素敵な旦那様:2005/07/07(木) 16:37:53
この前俺が酔っ払い朝帰りしてしまった。
そのことで嫁と大喧嘩。
嫁は泣きながら俺のこと責める責める。
嫁「・・・でも電話の一本くらいできるでしょ!」
俺「いや、だから、つい飲みすぎて・・」
嫁「飲みすぎたからって!!一度も連絡なしで、夜中過ぎても帰ってこないし携帯いれても電話にでない!」
猫「ニャー」
嫁「ニャー(←条件反射らしい)・・・・めちゃくちゃ心配したし、不安になったし!!」
猫「ニャー。ニャー」
嫁「ニャー。ニャー。・・・もう、ほんっとなんかの事件に巻き込まれたらどうしようかと思って警察にいこうかとかおもったんだからね!!」

たのむから、ケンカの途中で猫と挨拶すんのやめてくれ・・・
こっちは笑い堪えんの必死なんだからな・・・orz
posted by t3ttt at 08:15| Comment(2) | TrackBack(1) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国人の焼肉

まあ、韓国人の焼肉は凄まじいものがあるからな。
海外赴任中に提携先のエラに、技術研修のお礼に誘われて、嫌々行ってみたんだが、まず肉が凄い。
スーパーの袋でペーストで持ってくる。手土産に持ってった肉と野菜を見て
「肉が足りないニダ、野菜でごまかしてるニダ。シッパル!謝罪汁賠償汁」という顔をする。
焼肉なのにウリに肉を食わせないのは差別ニダ、みたいな。
絶対、その肉4キロより、俺が買ってきた野菜の方が食う所多い。っつうか、それほぼ生ゴミじゃねえか!
で、エラが肉を切る。適当に切る。ハサミで切んな。包丁で切れ。畜生。
そして、案の定キムチが凄い。見たことも無いデカいバケツで持ってくる。
もちろん、肉のペーストに混ぜる。やたら混ぜる。臭え。
妓生風のエラ娘と犯罪者風のエラ息子もこのときばかりは親父を尊敬。
普段、目もあわせないらしいガキがおもむろにウリナラマンセーとか言う。マスゲームか? 畜生、氏ね。
鉄板も凄い、まず汚ねぇ。こげとか雑誌とかこびりついてる。洗え。洗剤で洗え。むしろ買え。
っつうか、お前それこの前の台風んとき拾ってきただろ? 鉄板なのに生臭い。畜生、氏ね。
で、やたら焼く。焼いてエラ一家で食う。良い肉から食う。ゲストとかそんな概念一切ナシ。
ただただ、食う。エラが焼いて、エラがエラ家族に取り分ける。野菜も結局食う。俺には回ってこない。畜生。
あらかた片付けた後、「どうした食ってないじゃないか?」などと、焦げた何かとキムチを寄越す。畜生。
で、エラ一家、10キロくらいキムチを食った後に、みんなでペプシとジンロを飲む。
「世界一優秀な韓国飲料を飲ませてやるニダ。ホルホルホル」とかエラ息子が言う。ペプシが韓国製だと思ってやがる。
おまえ、ペプシどころか他人の国のもの全部韓国起源だと思ってるだろ?よく見たらメッコールじゃねえか。畜生、氏ね。
エラ娘も「ああ、酔っちゃった。あなた素敵ね、イ・チョンスみたい」とか言う。こっち見んな、殺すぞ。
エラ妻が「あらこのお肉腐ってたわね」とか言って、エラ夫が「イルボンがいるから大丈夫ニダ」とか言う。
コリアンジョークの意味がわかんねえ。畜生、何がおかしいんだ、殺す気か。氏ね。
まあ、おまえら、韓国人に焼肉誘われたら、要注意ってこった。

続きを読む
posted by t3ttt at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | m9(^Д^)プギャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆に喜ばれる

母親が息子の部屋を掃除していると、
ベッドの下から大量のエロ本が出てきた。
めくってみると、どうやら息子はSM好きのマゾヒストらしい。
取り乱した母親は、父親が帰宅すると、それらの本を見せて相談した。
「あなた、一体どうしたらいいのかしら?」
父親が答えた。
「とりあえず、あいつをぶん殴っても無駄なことだけは確かだな」
posted by t3ttt at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。