2005年07月01日

主な用途は

889 名前:[名無し]さん(bin+cue).rar[sage] 投稿日:2005/06/17(金) 21:43:23 ID:LEVnPMAW0
俺の予想だと韓国はIT大国だから
次は携帯にPCがくっつくよ。

   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   |    ` ∀ ´   |
   | ◯        ◯ |
   | ┌─────┐ |
   | │┏━━━┓│ |
   | │┃∧_∧┃│ |
   | │┃ ´∀`)┃│ |
   | │┃AM5:04┃│ |
   | │┗━━━┛│ |
   | \____/  |
 ∩ |◯_______◯|
 |_|(_|__|__|___|_)
 | /             ヽ
 |/  ⊂⊃ __ ⊂⊃ ヽ
 |      ( ┼ )      |
 |   (⊆)  ̄ ̄ (⊇)  |
 |  (F5) (F5) (F5)   |
 |  (F5) (F5) (F5)   |
 |  (F5) (F5) (F5)   |
 |  (F5) (F5) (F5)   |
 |   (F5)   (F5)    |
 \      A       /
   \_______/
posted by t3ttt at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | m9(^Д^)プギャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Priceless

ここだけミニ四駆が大ブーム中

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2005/06/30(木) 16:55:02 ID:s+YTtvpx0
今思えばミニ四駆とかベイブレードとか買いすぎて金損した気分

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2005/06/30(木) 16:56:01 ID:8khnHKoA0
>>90
でも、今いくら金だしても「こういう思い出話が出来る権利」は買えないよ
posted by t3ttt at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2get失敗したくせに

2 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage 乙] 投稿日:2005/06/19(日) 23:07:41 ID:bFRV4mwe
>>1



3 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2005/06/19(日) 23:07:50 ID:Ev2ES14V
だれも2しないの?

4 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage ] 投稿日:2005/06/19(日) 23:28:24 ID:bFRV4mwe
  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~

男は黙って2をつかむものだ、BOY

5 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2005/06/19(日) 23:28:55 ID:r5H3P4vo
4なら死のうと思ったけど・・・取れちゃいそう??

6 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage ] 投稿日:2005/06/19(日) 23:36:53 ID:bFRV4mwe
  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~

礼はいらない
お前が周りからもらったものをこれからの人生で返して行け
posted by t3ttt at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | m9(^Д^)プギャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だまされたぁ

2人の男が犬の散歩をしていた。
片方はラブラドール、もう片方はチワワを連れている。
ラブラドールを連れている男が、バーで一杯やろうと提案した。
「さすがに犬と一緒じゃ、入店を断られるんじゃないかな?」
「大丈夫、大丈夫。まあ、見てなって」
男はそう言ってサングラスをかけた。
するとラブラドールは盲導犬のように見える。
男は犬を連れたままバーに入り、酒を注文した。
文句を言う者は誰もいなかった。
そこでチワワを連れていた男も、サングラスをかけ、共にバーに入った。
それを見たバーテンダーが言った。
「ああ、すみません。犬同伴での入店はお断りしてるんですよ」
「こいつは構わないでしょう?私の盲導犬なんですから」
バーテンダーは笑った。
「チワワが盲導犬ですって?」
男は言った。

「なんだって!あの連中め、俺にチワワなんぞをよこしやがったのか!」
posted by t3ttt at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

詐欺にあった気分

男が公園のベンチに座って泣いていた。
その手には、美しい女性が写し出された写真。
「うぅ、キャサリン…」
隣に腰掛けていた老人が尋ねた。
「その女性はキミにとって随分と大切な人のようだが…。
 もしや、亡くなってしまったのかい?」
そんな言葉も耳には届かないらしく、男はなおも嘆き悲しみ続ける。

「うぅ、痩せてた頃のキャサリン…」
posted by t3ttt at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。