2005年05月13日

キモーイ!キャハハハハハハ!

1 名前: わんにゃん@名無しさん 投稿日: 05/03/02 01:20:21 ID:pdhSimah
「穴を掘るのが大好きな犬に、アナルという名前をつけた。
ずっとアナルと呼んでいたのに、ある日 知ってしまった」

知らなかったんだよおおおおお ((*"д")ハジカシイ

53 :水先案名無い人:05/03/16 19:53:10 ID:c8hC1mKU0
うちの妹も思春期で色々知り始めたのか
「チェリー」て言う直前に一瞬躊躇するようになったよ

54 :水先案名無い人:05/03/16 19:56:46 ID:GYM3rSID0
>>53
お前に気を使ってるっていう可能性はないのか?

55 :水先案名無い人:05/03/16 20:00:52 ID:c8hC1mKU0
>>54
     ,、r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`';,、
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
.   /;;/´         `' 、;;;;;;;ヽ
.  ,';/              ヽ;;;;;;;l
.  |;|┌--‐フ  ┌----、、   |;;;;;;;|
.  |l ~~__´ 、   ``'__''''┘  |;;;;;;;;|
  _|. <,,O,> 〉   <,,O,,>    |;;;;;⊥
  | '|.    /   、       |;/ ィ |
  | |    (    )       .ソ /ノj
  ヽ |    _,ニ ニ,,,,,_       ソ./
   `| ,、ィ-‐''__'''‐-`,、     '' /
.   ',   :i゙''''''''''`l'  `    ,‐'"
    ヽ.   L__」      /
     ヽ.  -、、、、 '    /|
.     ハ        /  |、
    /|ヽヽ、___,,,,、 '    l ',
   ノ. | ヽ          / |`ー-、
posted by t3ttt at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ('A`)マンドクセ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誤用版確信犯

137 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! sage 2005/04/27(水) 04:30:35 ID:Ozq5/d9H
朝起きたら、たってたよ ひさびさだ、こんなの

138 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! sage 2005/04/27(水) 05:02:01 ID:z5Hpo0g2
立ってたということは夢遊病ですか?早く病院に行くことを進めますよ

139 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! sage 2005/04/27(水) 05:17:12 ID:Ozq5/d9H
違うよ・・・息子がたってたってことなんだが・・・

140 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! sage 2005/04/27(水) 13:19:12 ID:z5Hpo0g2
子供さんですか?おめでとうございます!自分の子供が立つと嬉しいですよね!
posted by t3ttt at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もことおでん

445 名前: もこ [sage] 投稿日: 2005/05/09(月) 03:22:44 ID:KpTzOtjH0
もこだよ〜だ

こよみの上ではすっかり夏だというのに
アツアツのおでんをたべたよ
だいこんやコンニャクがきもちよさそうに煮こまれてたから
もこもいっしょに煮こまれたよ
アキレスけんがやわらかくなって準備運動いらずだね
でもからしをぬるのはかんべんして

もこでしたよ〜だ
posted by t3ttt at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自治厨登場

747 名前:名無したちの午後 投稿日:05/03/15 18:58:37 ID:vUWJ7COl
↓ここで自治厨が登場

続きを読む
posted by t3ttt at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | m9(^Д^)プギャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

離陸の合図

とある飛行場のとある旅客機。乗客はほぼ満員だ。
離陸前のスチュワーデスのアナウンス。

「本日は当航空会社の旅客機にようこそ。お客様にお伝えしておくことがあります。
本機は機長、操縦士とも盲人です」
ざわざわと顔を見合す乗客たち。
「でもご安心ください、今までにこのコンビで事故の起きたことはありません。
ごゆっくり空の旅をお楽しみください。それでは離陸に入ります」
「心配だな、ほんとに大丈夫なのか」と乗客の一人。

不安そうな乗客たちを尻目に、旅客機は離陸動作に入る。
客室正面のモニタには機の正面の風景が映し出されている。
機はどんどん加速しはじめ、前に進んでいく。が、なかなか離陸しない。
そのままどんどん進むがいっこうに離陸の気配がない。
モニタに映った正面の風景では次第に滑走路の向こうの海が近づいてくる。
乗客たちの声が上がり始める。
「おい、離陸しないと海に落ちるぞ!」 誰かが大声で叫んだ。

だが、機はそのまま直進する。別の乗客が、
「おい、このままだと全員死んじまうぞ!」
女性客の悲鳴が上がる。だがまだ離陸しない。

とうとうモニタでは滑走路が終わり、海が目の前だ。
「うわ〜」「きゃ〜」と乗客全員が悲鳴をあげた。
と、その瞬間、旅客機は離陸し、海には落ちずに上昇を開始した。
乗客全員、息を吐いて椅子にへたり込む。

そのころ操縦室。
「ねえ、機長、私は正直、心配なんですよ」と盲人の操縦士。
「なんのことだね」と盲人の機長。
「いずれいつの日かですね、乗客の悲鳴が上がるタイミングが遅れて離陸に失敗して、
我々二人とも死んじゃうんじゃないかと」
posted by t3ttt at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。