2005年05月09日

奥さまは魔女だったのです

508 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2005/05/07(土) 22:20:07 ID:kQ5JDJRn
夜中に台所で魔女ごっこをする。
東急ハンズで買ったフラスコに、娘の絵の具を失敬して作った色水を入れる。
それをいくつも作って混ぜたり、ドライアイスを入れたりする。
暗い色に白を混ぜて、呪いの薬を浄化するのが主な仕事。
色水の色で湯気が出たら最高なのになぁ、と思いつつ、黙々と色水を混ぜる。
夫が晩酌で炭酸水を残したりした日は、炭酸水(もちろん色つき)にラムネを投入。
ぶわわわ、と泡が噴き上がるので、ちょっぴり失敗気分が味わえる。

でも、この間、娘(小2)に目撃された。
だから、お母さんはもう、魔法が使えない。
posted by t3ttt at 14:39| Comment(0) | TrackBack(1) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なに、このM…

349 名前:学籍番号:774 氏名:_____[] 投稿日:05/03/02(水) 21:34:59 ID:J/bh2RhW
浪人で入ると馬鹿にしてくる人とかいますか?

350 名前:学籍番号:774 氏名:_____[] 投稿日:05/03/02(水) 21:50:04 ID:9ft6tPxM
かわいい子いたな

351 名前:学籍番号:774 氏名:_____[] 投稿日:05/03/02(水) 21:58:17 ID:A9xxaggV
馬鹿にしてくるかわいい子ですか?
それだったらちょっといいかもしれない
踏まれてもいいかもしれない
posted by t3ttt at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | m9(^Д^)プギャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

破戒

532 名前:名無しさん@5周年[] 投稿日:04/06/28 09:18 ID:j3dumHGs
>>6食いもの粗末にしちゃいかんよ。豚肉のすき焼き、旨いぞ。
10年程前に今は亡き我が母親が留学生にすき焼き振舞ったら留学生、泣いてた。
ハジム・ムハンマド君、元気にしてるかな。


537 名前:名無しさん@5周年[] 投稿日:04/06/28 10:34 ID:asPFppzg
>>532
おまえ、ブタスキ食わせる相手間違えてるぞ
posted by t3ttt at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | m9(^Д^)プギャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

激しく下り坂

おまいらは最初どこの板にいたの?

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :05/03/14 19:32:12 ID:xV0tXek90
大学生活→公務員試験→公務員→メンタルヘルス→無職・だめ→VIP

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :05/03/14 19:35:39 ID:aPz9Fi/F0
>>62
お前の人生がわかるな…
posted by t3ttt at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶倫

とある牧場で、飼っているにわとりに有精卵を産ませて、それを売り出すことにした。
牧場主は、さっそく業者の所へ行き、とびきり元気で精力のあるおんどりを買ってきた。

「いいか。立派な有精卵を産ませてくれよ。それがおまえの仕事だ」
牧場主が話しかけるとおんどりは、
「がってんだ!!」
と言い、即座に "仕事" にとりかかった。
牧場には百羽ものめんどりがいるのだが、そのおんどりは、
牧場主が驚くほどの早わざで休みもせずに仕事をこなした。
そして、あっという間に仕事を終えてしまった。
ところが、おんどりはまだまだ物足りない様子で、
なんと豚の柵を乗り越え、豚にまで仕事をしているではないか。
「やめろ、おい! 殺されちまうぞ」
牧場主の言うことも聞かずおんどりは、次は牛、
更には馬にまで、一途にせっせと仕事を試みていた。
やっとおとなしくなったのは、牧場じゅうの動物すべてに仕事をしたあとだった。

翌朝。牧場主が外に出てみると、おんどりは脚を宙に投げ出し、
目を閉じて消えそうな呼吸をしていた。
つばさはだらりと広がり、動くこともできない様子だった。
近くのやぶの中からはキツネがねらっていて、
空にはカラスが何羽も集まっている有様だった。
「ばかやろう。昨日、あんな無茶をするから・・・。いくらなんでもあれじゃ、
身体にいいわけがない。無理にでもおれが休ませてやればよかったんだ・・・」
おんどりは目を少しだけ開けた。

「おやじさん、ちょっと黙っててくれないか。カラスとキツネがこっちに来るのを待ってんだからさ」
posted by t3ttt at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。