2005年02月26日

将軍家光の乱心

【FF11】雑談とたまにVUpを報告するスレ356【FFXI】

192 名前:既にその名前は使われています 投稿日:05/02/24 18:39:54 ID:TkEFEZab
今仕事から帰ってきてバージョンアップさせてるんだが
終了まで5時間34分とか出てるんですけどww舐めてんですかwww
家光なんですけどwwwwwwww

ハァ・・
 
197 名前:既にその名前は使われています 投稿日:05/02/24 18:41:40 ID:bUOOo7iH
>>192
三代将軍?
posted by t3ttt at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さりげなく

226 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 05/01/21 20:58:46 ID:???
すいません、前スレだと思うのですが。

お爺さんが元日本軍で砲弾計算か何かしてる人で、でもその凄さがわからないというレスに
いかにそのお爺さんが素晴らしい人だったのかを
妄想だけで上手く語った物があったと思うのですが、誰か貼って頂けないでしょうか?

続きを読む
posted by t3ttt at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレーマークレーマー

最近、生意気が増えすぎだと思う。
ファミレスでステーキ頼んだら焼き方はどうしましょうか?とか聞きやがる。
焼き方くらい自分で決めろ。お前らプロだろが。客に助言を求めるな。生意気だ。
仕方がないから、お任せしますと言えば言ったで何だよお前。
ステーキ置いて一言、レアです。何だそれ。自分でプレミア認定かよ。オークションで転売したろかボケ。
お前の持ってきたステーキのどこがレアだ。どこにでもあるステーキじゃねぇか。この自意識過剰が。生意気だ。

それで一口食べてみたら何だよお前ふざけんな。生焼きだ。
posted by t3ttt at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | m9(^Д^)プギャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地味に効く天罰

ゴルフ好きの神父がいた。ある日曜日、あまりによい天気なので礼拝をさぼってゴルフに
行きたくなってしまった。そこで彼は仮病を使うことに決めたが、信者や知人に知られる
と大変なので、誰も来ないような遠くのゴルフ場でプレイすることにした。

その様子を天国で聖ぺテロが見ていた。
「我らが神よ。あのような者を許すわけにはいきませんな」
神様が答えた。
「そのとおりだ。あの者が第1ホールでティーショットを打ったら、その球はまっすぐピン
に向かい、そのままカップインするだろう。420ヤードのホールインワンだな」

「我らが神よ。なぜあの不信心者にそのような好運を与えるのですか」

「その好運を誰に自慢できるというのかね」
posted by t3ttt at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェーンソー→つかう

探検家がアマゾンのジャングル深くを探険していたとき、突然人喰い人種の大群に取り囲まれた。
彼は心の中でつぶやいた。
「神様。俺の悪運もつきました」

そのとき天からひとすじの光が射し、声が響きわたった。
「迷える仔羊よ、お前の運はまだ尽きていない。さあ足元の石を取り、彼らの酋長の頭を殴りなさい」

探検家は勇気をふりしぼって石をとりあげ、酋長の頭を目一杯殴った。
足元には死体が転がり、周囲には怒りに燃える人喰い人種の群れ。
探検家がどうなるかと息を殺していると、またも天からの声が響いた。

「OK、仔羊よ。これでお前の運は尽きた」
posted by t3ttt at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。