2005年02月23日

(*´∀`)な兄ちゃん達

313 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:05/02/11(金) 13:35:00 ID:p/dF+1Ss
雪祭りに行ってきたよ。
白人のお兄ちゃん2人組、背がえらい高くてどこに居ても目に付いたのと
何見ても(*´∀`)な顔しててとても微笑ましかったのでちょっとレポート。

キャラクターの雪像の前で、日本人の兄妹大喜びで飛び跳ねてキャイキャイしてるのを
父さんが写真撮ろうとして「写真撮るから動くなー」ってカメラ構えつつ
懸命に止めてるの見て(*´∀`)な兄ちゃん達。
はしゃぐ子供、それを撮る父さんの後ろで嬉しそうに父さんごと
その様子を撮る白人の兄ちゃん。不思議な光景。
彼等には必死な父さんも(*´∀`)対象なようだ。

いやぁ微笑ましかったと人の流れに沿って会場グルっと半周した所
またも(*´∀`)な顔でカメラ片手にフラフラしてる兄ちゃん達に遭遇。

そんな兄ちゃん達の前を、よく手入れされてワタアメみたいにフカフカに
なってるスピッツ2匹連れた日本人夫婦が通り過ぎた。
兄ちゃん達もう(*´∀`)通り越して(*´Д`)ハアハアして犬に寄って
行くものの、人込みに押されてなかなか近付け無い。
それでも1匹が必死な兄ちゃんに気付いて、顔上げて小首傾げたもんだから
もう(*´Д`)ハアハアしながらも蕩けそうな顔して萌えてた。

ノルウェーのスモークサーモン試食に目が眩んで現場を離れたので、その後彼等が
どうなったかわからんが、スピッツ萌え写真撮れてるといいな。
posted by t3ttt at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いい話のような、そうでないような

なんで小学生の頃はあんなにウンコを踏んでいたのか。

      それは「常に前を向いていたから」

あの時の僕らには夢があった。
希望があった。
明るい未来に向かって堂々と顔を向けていた。
足下なんか気にしない。大きな空をどこまでも飛んでいけた。

それがどうだ。今の僕らは。
背を丸め、ポケットに手を突っ込み、
鬱蒼とした顔でアスファルトを注視して歩いている。
大人になった僕らは、ウンコは踏まなくなったが
何か大切なものを踏みにじってしまった気がする…
posted by t3ttt at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たぶん嫌がらせ

メイドが家の主人に言った。
「旦那様、旦那様、起きて下さいませ。睡眠薬を飲む時間です。」
posted by t3ttt at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。