2005年01月24日

うはwwwww捏造がひろがりんぐwwwww

255 名前:名無しさん@5周年[] 投稿日:05/01/23(日) 00:49:02 ID:tvgbgXa9

  事実よりも詳しい、事実よりも正しい。
  
     それが、朝日クォリティ。

     http://www.asahi.com/
posted by t3ttt at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | m9(^Д^)プギャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怖いような怖くないような

146 名無したん(;´Д`)ハァハァ sage New! 04/12/26 02:54:17 ID:d0Rlrjg9
>>145
ぬっころすぞ!?
オマエんちに子猫二、三百匹送りこんでやっから!
二、三百匹だぜ?二、三百匹!
オマエ必ず萌え死ぬぜ?今頃ビビってんじゃねぇぞ!
部屋でおとなしく待っとけや!
マタタビもセットだ!
コロコロ、コロコロすっから!
二、三百匹が!
鼻の頭ペロペロ、ペロペロすっから!
二、三百匹が!
生きてる心地しねぇぞ!
かるかん用意してまっとけ!
posted by t3ttt at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | (・∀・)イイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボディーブローのような復讐

ある男が出張先の町で財布を落としてしまった。帰りの飛行機の
チケットは背広の内ポケットに入っていたが、空港まで行く手段が
無かった。男はタクシー乗り場に行き、1台停まっていた車の運転手に
事情を話した。
「・・・というわけなんだ。家に戻ったらすぐに金を送るから、空港まで
 乗せていってくれないか」
するとタクシーの運転手は男を一瞥して言った。
「金がねぇんなら歩いて行きゃいいじゃねぇか」
どんなに頼んでも運転手は男の申し出を拒否した。男は仕方なく、空港までの
道を10時間も歩いて行った。
しばらくして男が再び同じ町を訪れたとき、タクシー乗り場に並んでいた
車の列の最後尾に、あのときの運転手を見つけた。男はあのときの冷酷な
仕打ちに仕返しをしてやろうと企み、一番前のタクシーの運転手に話しかけた。
「なあ、フェラチオしてやるからタダで空港まで乗せて行ってくれないか?」
すると運転手は驚いた顔で答えた。
「ふざけるな!俺はホモじゃねぇ!」
男は2番目、3番目のタクシーにも同じように話しかけ、同じような反応を
得た。そして例の運転手のタクシーの番になると、男は言った。
「空港まで頼む」
運転手は男を乗せ、他のタクシーの横を通り過ぎながら車を走らせた。
男は窓から他のタクシーの運転手達に向かって、にこやかに手を振った。
posted by t3ttt at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ( ゚∀゚)HAHAHA! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。